30.09.2015 23:41 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    ザザ、ゴールの称賛を分け合う

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    シモーネ・ザザは、チャンピオンズ・リーグでの初ゴールは、アルバロ・モラタとパウロ・ディバラの痺れをしらない走りがメインの役割であったと言います

    シモーネ・ザザは、セビリャとのの2-0の勝利とチャンピオンズ・リーグでの初ゴールはアルバロ・モラタとパウロ・ディバラの貢献が基本的な要因だと信じています。

    ザザは、7分間の出場であったが、セビリャの守備に楔を打ち、セビリャのキーパー、セルヒオ・リコからゴールを奪う前に中盤でルーズボールを受け50ヤードを力強く走りました。

    そして、チームメイトのフォワードが相手ディフェンダーを引きつけた動きが決定機への鍵であったと主張します。

    ユベントス・スタジアムでメディアにザザは話しました。
    「私は、ただ得たチャンスを最大限に活かそうとしました。
    私達は私が動けるスペースがあるのを知っていたし、ありがたいことに、それが上手くはまりました。
    私のゴールは、主にアルバロとパウロのハードワークのおかげですし、彼らの走りで相手ディフェンダーを疲労させました。」

    ザザは、忘れられない夜の栄光に浸るのを拒否し、注意をユベントス・スタジアムで行なわれる今週末のボローニャ戦へ向けました。

    「私達は、重要な試合を日曜日にプレーし、出来るだけ早く落とした勝ち点を拾う必要があります。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK