29.04.2016 16:30 - in: チーム S

      ザザにとって「記憶に残る1年」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      シモーネ・ザザはユベントスの選手として忘れられない最初のシーズンを振り返り、彼が産まれたイタリアの代表選手として忙しい夏の戦いを目指します

      今後数ヶ月、名前である「シモーネ・ザザ」と「スクデット」という言葉を様々な人に話して下さい。1つの瞬間を思い浮かべる事が出来ます。

      シーズンの最も心臓が止まる程重要な瞬間の1つである、2月のユベントス・スタジアムでの戦い残2分でナポリをペナルティエリア端から得点を挙げたザザが、ビアンコネリは2015/16シーズンの最初の首位に導いた。

      当然、今日の午後Skyのカメラに座る時、白と黒のユニフォームで「明確」な最初のシーズンを振り返ったシモーネは、ユーヴェファンによる投票でゴール・オブ・ザ・マンスに選ばれたゴールの重要性はが効果を生みました。

      努力で掴んだ彼のトップに関しての言葉からはユベントスの背番号7は話を初めました。「私達は最終的に大差でタイトルを獲得したかもしれませんが、ナポリ戦のそのゴールは初めて彼らから首位を奪ったものです。
      それは、彼らに対し精神的な打撃と自分達にとって大きな後押しでした。

      私はちょうど今、初めてのスクデットに勝ったので今シーズンは非常にポジティブでした。退場させられたジェノア戦は別として、私は求められた時にチームに全力を与え、後悔無しでシーズンを振り返ります。」

      全体的に試合を改善したいという動きと思い、反発力は、シーズンの至る所でビアンコネリのラインアップをまとめる上で努力が誠実なユベントス・ホームへの合図となったとフロントマンは確信している様なものです。

      「私はストライカー・パートナーでプレーすることに適応し、右足でのシュートを改善しました、しかし私が完璧なチャンスに達することが出来る前に、技術的にも精神的にもするべき多くの事があります。

      当然私の狙いは、例えチームに同じポジションを争う優れた選手がいてもユベントスでプレーし続ける事です。」

      より長い期間、真にスタイリッシュにシーズンを締めくくるために、過去9ヵ月間のクラブ・レベルでの一貫して決定的な貢献が近づくフランスでのユーロでの戦いへの狙いで終わる事をザザは望みます。

      「私は、この夏ユーロでの戦いへイタリア代表に入りたいです。私達の最近のフレンドリーマッチでのパフォーマンスがより良く、チームはこの2年で良くプレーしました。

      私達は強いユニットで互いのために戦いますし、ベストを生じるなら、フランスでのトーナメントで大きな戦いが出来ないことはありません。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK