07.03.2016 11:00 - in: セリエA S

    #AtalantaJuve アタランタ戦の数字

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ベルガモでのビアンコネリ2-0の勝利は、オフェンスとディフェンスに良い知らせをもたらします。Juventus.comは、勝利の詳細を分析します
    ブッフォンの輝き

    事実から明らかの様に最後の10シーズンのうち9回は最も良いディフェンスを持つチームがリーグ優勝を挙げており、無失点を維持する事がタイトルを獲得するメインとなる要因となる場合、ビアンコネリは正しい方向へ向かっている様に見えます。

    昨日の2-0のベルガモでの勝利は9試合連続無失点試合となり、クラブとイタリアのトップクラスの記録に並び、キャプテン、ジャンルイジ・ブッフォンにとって歴史書を更新する更なる楽しみとなっています。:

    驚異的な反撃

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは金曜日の対戦相手サッスオーロに第10節で負けて以来、殆どシーズン半分のリーグ戦18試合で奪える54点の勝ち点から52点を獲得しました。

    言うまでもないことだが、クラブはその30点獲得できる時点で12点を獲得しており、レッジョエミリアでの夜以来クラブの顕著な上昇は、注目に値するものでした。

    Season standings

    012345671284591211251271202182129123988695135603990456136140520373583126
    Created with Highcharts 3.0.21234567891011121314151617181920212223242526272821201918171615141312111098765432121
    Juventus
    Napoli
    Roma
    Fiorentina
    Internazionale
    Milan
    Sassuolo
    Lazio
    Bologna
    Chievo
    Empoli
    Torino
    Sampdoria
    Genoa
    Atalanta
    Udinese
    Palermo
    Frosinone
    Carpi
    Verona

    ここ数ヵ月のユーヴェ復活の多くの成分の1つは、終わりまで戦い続ける能力です。マリオ・レミナのゴールは試合の最後の15分で挙げられた14本目のゴールとなった。
    ラツィオだけが15本と、最後の15分でのゴールを多く挙げています。

    非常に大切な正確性

    アタランタとユベントスのプレーから得られた大きな違いの1つは、それぞれのシュートとパスの精度でした。

    アタランタが13本ゴールへビアンコネリの9本よりも多くシュートを放ったが、枠内へは3本で、対照的にユベントスは5本ん枠内へシュートを放ちました。

    Match Stats — Team Stats

    Atalantav.Juventus
    • Attack

      Goals
      AtalantaComparisonJuventus
      0
      0%
      100%
      2
      Total Shots (including blocked shots)
      AtalantaComparisonJuventus
      13
      59.1%
      40.9%
      9
      Shots On Target
      AtalantaComparisonJuventus
      3
      37.5%
      62.5%
      5
      Blocked Shots
      AtalantaComparisonJuventus
      5
      100%
      0%
      0
      Shots from outside the box
      AtalantaComparisonJuventus
      7
      50%
      50%
      7
      Shots from inside the box
      AtalantaComparisonJuventus
      6
      75%
      25%
      2
      Shot Accuracy (excluding blocked shots)
      AtalantaComparisonJuventus
      37.5%
      37.5%
      55.6%
      55.6%
    • General Play

      Possession (%)
      AtalantaComparisonJuventus
      42.2%
      42.2%
      57.8%
      57.8%
      Duels won (%)
      AtalantaComparisonJuventus
      41.2%
      41.2%
      58.8%
      58.8%
      Aerial Duels Won (%)
      AtalantaComparisonJuventus
      29.2%
      29.2%
      70.8%
      70.8%
      Interceptions
      AtalantaComparisonJuventus
      26
      60.5%
      39.5%
      17
      Offsides
      AtalantaComparisonJuventus
      1
      16.7%
      83.3%
      5
      Corners
      AtalantaComparisonJuventus
      7
      63.6%
      36.4%
      4
    • Distribution

      Total Passes
      AtalantaComparisonJuventus
      346
      40.8%
      59.2%
      502
      % of Passes Long
      AtalantaComparisonJuventus
      21.4%
      21.4%
      14.3%
      14.3%
      Passing Accuracy (%)
      AtalantaComparisonJuventus
      69.1%
      69.1%
      80.1%
      80.1%
      Passing Accuracy opp. Half (%)
      AtalantaComparisonJuventus
      63%
      62.96296296296296%
      74.5704467353952%
      74.6%
      Total Crosses
      AtalantaComparisonJuventus
      34
      64.2%
      35.8%
      19
      Successful Crosses (%)
      AtalantaComparisonJuventus
      20.6%
      20.6%
      10.5%
      10.5%
    • Defence & Discipline

      Tackles
      AtalantaComparisonJuventus
      21
      63.6%
      36.4%
      12
      Tackles Won (%)
      AtalantaComparisonJuventus
      66.7%
      66.7%
      75%
      75%
      Clearances
      AtalantaComparisonJuventus
      21
      45.7%
      54.3%
      25
      Fouls Conceded
      AtalantaComparisonJuventus
      18
      58.1%
      41.9%
      13
      Yellow Cards
      AtalantaComparisonJuventus
      3
      60%
      40%
      2
      Red Cards
      AtalantaComparisonJuventus
      0
      0%
      0%
      0

    アッレグリ監督のチームのボール供給に関してもエディ・レヤ監督の選手よりも正確であると解りました。アタランタの69.5%に対し、ユベントスは79.4%の印象的なパス成功率で試合を終えました。

    面白いことに、アタランタは後半、パスの正確性をユベントスよりも格段に向上させた。(73.5%に対し75%)しかし、最終的に重要な時間と場所でこの圧力を保つことができませんでした。

    プリティ・イン・ピンク

    24分のアンドレア・バルツァッリのゴールは確実にデジャヴとなった。全く同じ対戦相手にゴールを挙げたバルツァッリは、46ヵ月前にもアタランタ戦で点を挙げただけでなく、ピンクのユニフォームも身につけていました。(2011/12シーズンのホームでの試合様に採用されていたユニフォーム。)

    一方、86分のレミナの素晴らしいフィニッシュは、怪我から回復してから4ヵ月以上、初めてのリーグ出場での完璧な強さでした。

    この午後の他の鍵となる貢献は、マリオ・マンジュキッチのプレーから生じました。
    クロアチアのストライカーは、量ゴールで準備し、チームメイトへ6回ショートパスでボールをつなぎ、3本のクロスを素早く動き、2度のタックルに勝ちました。

    クラウディオ・マルキジオがビアンコネリの最も精密なディストリビュータとして61回のパスをピンクのユニフォームで完了させ評判を強める間、パウロ・ディバラも自身の存在を表し、相手から5つのファウルを得て、チームハイの8回のドリブルを完了しました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK