18.02.2016 15:00 - in: セリエA S

      #BolognaJuve:ボローニャ戦へ必要な10の数字

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      1から565まで、Juventus.comは金曜日のセリエAへスタディオ・ダッラーラでのボローニャ戦へ知るべき必要な数字を数えます。
      1

      ユベントスのボローニャでの対戦時、ボローニャは合理的なホーム記録があるものの18勝22分けを過去68試合のユベントス戦で経験し、これはボローニャが金曜日の対戦相手に対しちょっとした不調の最中であるとフェアに言えます。

      実際、スタディオ・オリンピコで元ユーヴェのストライカー、マルコ・ディ・バイオの後半の2点目となるゴールを記録した2011年2月の2-0でのボローニャの勝利は、26度試みたビアンコネリに対して唯一のリーグ戦勝利です。

      それを心に、新リーグ首位は1998年11月からスタディオ・ダッラーラで負け無しですがこれが思いがけ無いとしてはいけません。レッド・シティで12試合8勝4分を経験しています。

      2.4

      最大の勝ち点を手に入れる間、金曜日の対戦相手とセリエAでの対戦でゴール不足は殆どありません。

      セリエAで通算137試合で、ユーヴェは(203点)とボローニャ(126点)は、通算で329得点、1試合平均2.4点のゴールを記録しています。

      残念なことに、この対戦の得点の黄金時代は60年前まです。1957~1962年に、ユベントスが、4-3、4-1、4-2、3-0(2回)と勝利を挙げた対戦で、2チームは10試合で驚異的な51ゴールをあげました。

      21

      過去から現在そして本当の将来。

      アルゼンチンの知覚、パウロ・ディバラが奪った13ゴールと8アシストは、ユベントスの最前線で最も生産的であるだけでなく、今シーズン少なくとも20リーグ・ゴールに関わりヨーロッパのトップ5で最も若い選手です。

      ディバラの3点目は、10月のペナルティースポットからユベントス・スタジアムでのボローニャ戦でした。

      28

      ローマ、ナポリそしてサッスオーロとの対戦の敗北という普通ではないスタートの後、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、ユベントス・スタジアムを離れ最近もっと取り、スムースな戦いを行なっています。

      エンポリ、パレルモ、ラツィオ、カルピ、サンプドリア、キエーヴォそしてフロジノーネ、シーズン序盤のインテル戦の引き分けも含む上での連勝は、ビアンコネリがこの期間、他のどのチームよりもより、28点をアウェイで奪いました。

      37

      一貫性と中心の固さの重要なパートは、ユベントスのミッドフィールダー、サミ・ケディラの存在です。
      意外なことに、ケディラが先発した試合ではビアンコネリは負けていません。12勝1分です。お守りの様な男です。

      40

      現在ボローニャの裏舞台で働くマルコ・ダィ・バイオは、元ユーヴェのフォワードとしてこの対戦で記録を作り、間違えなく元ビアンコネロ、エマヌエレ・ジャッケリーニは金曜日の夜に自身も同じ様に戦おうとしています。

      ユベントスでの彼の40試合出場は疑う余地なくトロフィーへ彼のキャリアで最も良い物として記憶に残り、小さなウインガーはボローニャで非常に最高のフォームを発見しました。そしてチェゼーナ在籍時に2010/11シーズンで彼のリーグ史上最高の記録の1つである6ゴールを挙げました。

      67

      ジャッケリーニとチームメイトは、この試合で前回の対戦の結果を繰り返さないために絶対のベストをとる必要があります。
      ビアンコネリの納得のいく3-1の勝利は、67回目のセリエAでのボローニャ戦勝利となった。

      この結果を受け、誰もユーヴェ以上にボローニャに勝利していません。

      94

      スコアを記録する事と言えば、殆どの選手がここまでスーパーサブ、シモーネ・ザザのゴール率に今シーズン追いつく事が出来ません。

      シモーネのスリリングな、先週ナポリ戦終盤のチームにとってのバイタルでの重要性は、ザザがリーグで最も一貫したストライカーの一人であると結論付けます。ザザのリーグ戦4ゴールは、今シーズン、94分おきに1点という効率を手に入れました。

      105

      下のビデオをご覧下さい、一旦ボールがポール・ポグバへ渡れば、彼からボールを取り戻すことは非常に難しいです。必要ならばこれが証明です。ユベントスの選手は今シーズンここまで、ポグバの105回のドリブルより多くの試みがありません。

      その間、ポグバはタックルでも45回とビアンコネリのチャートトップに立ちます。そして、ゴールへ83回のシュートと反対ハーフで692回のパスを完了します。

      565

      これまでの権威ある記録保持者、560分ジャンルイジ・ブッフォンは無失点を記録し、ヨーロッパのトップ5リーグで2016年で最も長い記録です。

      ジジは、この記録を実行し始めるまで、年明けを待つ事はありませんでした。13試合無失点の合計は、この期間、パリ・サンジェルマンのケビン・トラップとアトレチコ・マドリッドのヤン・オブラクだけが宇和マリ増す。

      事実、ブッフォンは、もしボローニャのホームでのユベントス戦で記録をを作るとなると、14という数字をチェックするでしょう。
      ボローニャはビアンコネリとの過去ホームでの8試合で5得点しか得点する事ができませんでした。

      そしてもちろん、ジジはこの全試合でプレーしました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK