19.12.2016 12:00 - in: チーム S

    ボヌッチは、2021年まで契約延長

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    レオナルド・ボヌッチは、2021年まで契約延長にサイン

    レオナルド・ボヌッチは今日彼のユベントスとの旅を延長し、2021年まで契約を更新しました。

    2010年にバーリから加入した時から現在までのボヌッチのビアンコネリのキャリア、クラブでの一貫した活躍と共に走ってきた事は、最も重要な個人のサクセス・ストーリーの1つです。

    ビアンコネリで291試合185勝という記録は、この6シーズンでのプレーでユベントスの他のどのフィールドプレーヤーよりも勝利をつかんでいる事を意味します。

    ボヌッチは、トリノで、バックからボールを取り除く技術で評判を築き、在籍時を通じて、チームの重要な試合を組み立てる才能を持ちます。

    例えば、今シーズン、レオは、セリエAのディフェンダー平均1試合33.15回のパス成功に対し47.42回と上回り、フォワードへのロングパスは、2.7回に対し6.58回と上回ります。

    これらの数字は、チャンピオンズ・リーグを含むと更に良くなります。それぞれ38.94回対し70.20回と2.79回に対し8.20回です。

    そして、得点に関してもボヌッチに疑う余地のない力があります。ビアンコネリとしての16ゴールは、2010/11シーズンからディフェンダーとしてビアンコネリ最高の得点者となります。

    シンプルに量だけでなく、大きなクオリティのゴールです。ローマ、ミラン、インテル、ナポリ、フィオレンティーナ、ラツィオがボヌッチ・スペシャルに苦しみ、先月の南スペインでのセビージャ戦での距離のあるゴールは、チャンピオンズ・リーグノックアウト・ステージへユーヴェを導いた。

    ボヌッチのファイナル・サード内での脅威は、岩のように固いバックラインのパフォーマンスを損なうものではありません。タックルと抜け目ない戦術的な気持ちを備え、恐れを知りません。レオは、定期的にボールを取り戻し、相手パスをインターセプトします。素晴らしい1,367回と585回の記録が過去の6シーズンに残しています。

    ピッチ上の巨大な存在感、ボヌッチは試合の間、そしてロッカールームでも本物のリーダーでもあります。いうまでもないが、彼はキャプテンマークを着用した瞬間も楽しみました。有名な決定的な試合は、インテルとの2月のコッパ・イタリア準決勝でPKで得点した試合です。

    試合で戦おうとする絶え間ない決意、チームを刺激し伝染する熱意を持つワールド・クラスのディフェンダーがボヌッチです。ユベントスは現在少なくても更に4年半楽しみにすることができます。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK