01.10.2016 15:10 - in: セリエA S

    #EmpoliJuve:鍵となる数字と名前

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    トスカーナでの過去の勝利での中心人物からランチタイム・キックオフの形まで、Juventus.comは日曜日のエンポリ戦の真実を送ります
    トスカーナでの勝利

    エンポリは、スタディオ・カルロ・カステラーニでの10試合、ユベントスは6勝2引き分け2敗を記録しています。最後にエンポリに負けたのは、1999年4月まで遡ります。そこからエンポリは、ホームでビアンコネリと戦い勝ち点2を獲得していますが、トリノではこの17年間一度も勝ち点を手にしていません。

    世紀が変わりユーヴェは習慣的に、異なった規則性でカステラーニで得点し、最後の6試合で14点を奪っています。

    ちなみに、トスカーナでの戦いは大抵は、秋での対戦です。昨年11月の戦いは、ユーヴェのシーズン最初の連勝を決定的にした記録があり、セリエAで驚異の15連勝の2勝目を劇的なアディショナルタイムでの決勝点で決めた試合でした。

    ランチタイム・キックオフの専門家

    ランチタイムのキックオフはイタリアでも一般的でない場合があります、しかし、この時間でのプレーしなければならなかった時は常にエンポリとユベントスは良い戦いをしました。

    エンポリは日曜のランチタイム開催ので前8試合で無敗です4勝4引き分けで必ず得点しています。

    一方ビアンコネリは、2011年レッチェに2-0で負けた以降負けなしです。最後の5試合アウェイで勝利し2015/16シーズンのカルピ戦、キエーヴォ戦を含みます。

    対照的な現在の形

    19位エンポリの戦いは今シーズンここまでゴール不足に起因しており、リーグ戦6試合でリーグ最低の2得点を記録しています。

    本当に、明日の試合は、リーグでも最も弱い攻撃が最も強いディフェンスとの対戦となります。今シーズンここまで、ユーヴェの4失点よりも失点の少ないチームはありません。そしてエンポリは、枠内へのシュート不発を4試合へ伸ばす事もあります。前回のセリエAで枠内へのシュートを抑えた対戦は、2007年9月の対戦でした。

    一方反対側では、マッシミリアーノ・アッレ監督のチームは、過去18試合セリエA対戦で41ゴールを得点し、1試合平均2.3得点という形を続けようとしています。エンポリは、ホームでの今シーズン最初の無失点を見ています。

    メインとなる選手

    ディナモ・ザグレブとの火曜日の対戦で、ユベントスの最初のチャンピオンズ・リーグでの得点を挙げたミラレム・ピアニッチは、エンポリがチーム・リストを読んだ時に楽しくはない名前です。前シーズン、ローマ在籍時、このボスニア人ミッドフィールダーは、エンポリ戦で得点を挙げました。

    2015/16シーズンにおいて同じようにマリオ・マンジュキッチがエンポリ戦で得点を挙げています。前回のカステラーニでの戦いで、決定的なユーヴェの同点弾を挙げ、3-1の勝利へ貢献し、4月のトリノでのリターンマッチで唯一の得点を挙げた。

    一方エンポリは、経験豊かなフォワード、アルベルト・ジラルディーノと、昨シーズンビアンコネリ戦で得点したマッシモ・マカローンが今シーズン最初のゴールを挙げる事を望んでいます。

    ユーヴェはストライカー以外にも慎重になります。エンポリでの2シーズンで12ゴール14アシストを記録した24歳の司令塔リカルド・サポナーラから作られる脅威があります。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK