26.11.2016 16:20 - in: セリエA S

    #GenoaJuve:鍵となる名前と数字

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    リグーリアでのアウェイ戦、2人のレオの物語、ジェノアとビアンコネリの対戦へ知る必要のある全て
    マラッシでの戦い

    日曜日の対戦は、ユベントスのアウェイでのジェノア戦50回目の対戦となり、ジェノアに対して21勝17敗11分でアドバンテージがあります。

    ユーヴェの前回のジェノア戦は、2015/16シーズンの第4節でエウジェニオ・ラマンナのオウンゴールとポール・ポグバの後半のゴールで最初のリーグ戦勝利となった。

    ジェノアがこの対戦で勝利したのは、その前のシーズン2014年10月で、全体の最後の25試合でビアンコネリに挙げた2勝のうちの1勝です。

    ジェノアはユベントス相手に最近のシーズンで得点を挙げるのが特に難しく、この対戦最後の6試合で2得点を挙げユベントスの8ゴールと対照的です。

    引き分けの違い

    ユベントスの様に、ジェノアは今シーズン、ホームでは無敗です。大きな違いは、6試合中4試合引き分けです。

    この対戦に関して、特にマラッシでジェノアは、シーズン初期ナポリにスコアレスドローを演じただけでなく1ヵ月前にミランに3-0で勝利したという計算される力もあります。

    一方ユベントスは、少なくともリーグ戦において、引き分けでの勝ち点1がありません。最初の13試合を11勝2敗と記録し、今シーズンセリエAで引き分けがない唯一のチームです。

    2人のレオの話

    ビアンコネリは、この期間9失点をいうリーグ最高のバックラインを持ちます。またジジ・ブッフォンの心臓が止まるほどのセーブは言うまでもなくチーム全体で組織で守るスタッツがあります。

    そこから全ての上でユーヴェは他ならぬレオナルド・ボヌッチのオールラウンド性質を期待することができます。守備に関してナンセンスでないと知りながら、5ブロック35クリアーでチームのチャートトップに立ちます。アウェイでのセビージャ戦での重要なゴールで再び示された様に、29歳は足元で素晴らしくボールを扱い得点も挙げます。

    最近、ちょっとした良い調子を楽しんでいるもう一人の選手はマリオ・マンジュキッチです。火曜日に5試合で4ゴール目を挙げました。

    話題を南、リグーリアへ移し、ジェノアの主なストライカーは、今シーズン3ゴールを挙げているレオナルド・パヴォレッティです。9月10月を怪我で1ヵ月欠場も、ストライカーとしてそびえ立ち、ピッチの危険なポジションを取ることができ、今シーズン枠内へ13本のシュートを放ちました。

    一方バックで目立つのはニコラス・ブルディッソです。ベテランのディフェンダーは2016/17シーズンここまで、チームハイの66クリアー31インターセプト、4ブロックを記録しました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK