04.12.2016 14:30 - in: セリエA S

    #JuveAtalanta: 5つの語るべきポイント

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    アレックス・サンドロ、マリオ・マンジュキッチ、ミラレム・ピアニッチ、そして最新のホーム勝利とユベントス・スタジアムの心に訴える瞬間
    1. 素晴らしいアレックス・サンドロ

    アレックス・サンドロは、おそらく昨年の7月にポルトから加入してからユベントスでもっとも一貫してパフォーマンスを残してきた選手の1人です。

    ここまで、セリエAのチャートでシーズンを通して作ったチャンスをリードし、アレックスは間違えなく、このシーズン最終的にゴールへの継続的な創造性を加えています。そしてビアンコネリを起動させるための素晴らしい一撃を手にし、アタランタと戦いました。

    彼のマーカーの外側を周り、クロスためにライン際を走り、ユーヴェの背番号12は、自身の攻撃性をインサイドで示し、2人のディフェンダーを抜き、ニアポストのゴールキーパーのマルコ・スポルティエッロから完璧なシュートで得点を奪った。

    ユベントスでのサンドロの土曜日の3ゴール目は、ユベントス・スタジアムでの初ゴールでした。そしてそれは、ユベントスの重要な月の計画にへ多くをスタッツに加えます。

    2. スーパー・スコアラー・マリオ

    ゴールと共に、マリオ・マンジュキッチは、終了13分前に交代し、ホームのファンからのマンジュキッチに与えられた評価の轟は、この夜で最も大きな物でした。

    マリオは交代したが、先月の調子の良く印象的な戦いと11月のMVPを獲得した最新のプレーを振り返る時が出来ます。昨晩のキックオフ前のトロフィーと全ての戦いで7試合5得点です。

    ミラレム・ピアニッチの右ウイングのコーナーから頭でユーヴェの3点目を挙げたマンジュキッチはユベントス・スタジアムで完璧なパフォーマンスを残しました。

    前線でプレッシャーを与えるのに疲れを知らず、ゴールへとアタランタのディフェンスへ左インサイドから直接向かう時の両方で不動のポゼッションがありビアンコネリの攻撃を産みます。マリオはおそらく彼自身のペナルティ・エリアでこの試合で最高のプレーを見せ、ハーフタイム直前の2-0の状態で、矢継ぎ早に2つのゴールラインでのクリアを果たしました。

    1シュート、1ゴール、27中16のパス完了、7タックル、2ブロックが試合を獲得したパフォーマンスです。

    3. ピアニッチは再び演出した

    完璧な2つのセットプレーからのミラレム・ピアニッチの決定的なアシスト。

    ピアニッチは、現在ここまでセリエAで4ゴール4アシストで、8ゴールに絡み、他のユベントスの選手よりも多い数字で、昨晩控えめに言われたが、ローマからトリノにやってきてから残した素晴らしいパフォーマンスのベストの1つでした。

    ストライカーのマンジュキッチとゴンサロ・イグアインの後ろで動き、ラインの間でアタランタ守備陣前でスペースを拾い相手陣地で73%のパスを完了させた。

    クラウディオ・マルキジオ、サミ・ケディラ、ステファノ・ストゥラーロと後ろでポゼッションを回復し、ピアニッチは、アタランタに対して守備の規律を破る役割として成功し、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の賞賛を招きました。「ピアニッチは上手く戦いクオリティを示しました。セットプレーは明らかに使え、2得点は彼からです。スペースでプレーし少しの自由を得ましたし、彼が上手くそこで出来ると思います。」

    4. 24とカウント

    屈辱的な前節アウェイ戦から再編成し、満員のホーム戦へ、一週間備えました。全体的に見て、昨晩のユベントス・スタジアムでこれまでにあり得た結果が行なわれただけです。

    土曜日に3-1の勝利を確実にしユーヴェは、ホーム24リーグ戦の全てで勝利を納め、2015年10月の始まりから記録を延ばしました。

    意外なことに、アッレグリ監督の選手達は、セリエAで2周目のフィオレンティーナ、サッスオーロ、サンプドリア、アタランタと戦い2度勝利を挙げました。

    12月17日に今年のホーム最終戦で戦うローマだけが、2016年で立ちふさがります。

    5. Força Chape

    フィールドでのイベントとして最終的な言葉は、71人のブラジルのクラブ、シャペコエンセの選手とスタッフ、家族に送られます。

    コロンビアでに航空機事故で彼らの命を悲劇的にも失った記憶は、ユベントス・スタジアムでのキックオフ前に1分の黙祷で守られました。暗闇の中の明かりと大画面に映されたチームエンブレム、サポーターと選手は同様に追悼する機会となりました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK