26.01.2016 15:00 - in: コッパ・イタリア S

    #JuveInter インテル戦コッパ・イタリア・クラシックス

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ビアンコネリがコッパ・イタリア史で13回目にインテルを迎え入れる用意をし、Juventus.comはピエモンテでの前の対戦からイベントを振り返ります
    ジュゼッペ・ガルデリシのゴールは、1983年のコッパ・イタリア準決勝の違いをユベントスとインテルの間で証明します。
    素晴らしい始まり

    ユーヴェの最初のインテルに対するコッパ・イタリア勝利はは1936年にミラノで起こりました。しかしエルネスト・トマージとアルフレッド・フォニ(PKでのゴール)が1938年4月21日にスタディオ・ムッソリーニでの準決勝でゴールし勝利するまで、インテル戦の勝利を2年トリノで待たなければなりませんでした。彼らは、歴史で初めてカップを持ち上げるために決勝で同都市ライバル・トリノを破ります。

    トリノでは起こらなかったが、1959年にカルロ・パローラがユベントスのカップ戦の栄光をリードし、サンシーロで4-1で勝利した。
    クラブの3回目の誰もが望むトロフィーを手に入れ、ジョン・チャールズ、オマール・シボリのゴールとセルジオ・チェルヴァートの2得点は真のマスタークラスとなった。

    アルフレッド・フォニは、1938年の準決勝インテル戦で勝利のゴールを上げた。
    試合と多くのゴール

    1972~1980年に、ユーヴェとインテルは13試合カップ戦で戦いそのうちの6試合はトリノで起こなわれました。
    それらの年の間のカップ戦でのフォーマットで所謂『ファイナル・グループステージ』で、4試合スタディオ・コムナーレで行なわれた。

    アドリアーノ・ノヴェリーニの2ゴールは、チェストミール・ヴィツパーレク監督のチームが1972年6月に2-1でインテルを破った。
    夏に続き、チェコ人監督は、多くのシーズンでチームをインテル戦2勝へ導いた。(4-2は最終スコア)、ビエトロ・アナスタシの決定的な終盤の2ゴールで2-2と試合を同点に持ち込んだ。フランコ・カウジオとシルヴィオ・ロンゴブッコは、ユーヴェの序盤のゴールを奪った。

    インテルがそれぞれ1975年と1977年を2-1と1-0で両試合を押し進めた、がピエモンテでの次の2試合はビアンコネリの展望からは成功しませんでした。

    そしてジョバンニ・トラパットーニ率いるユベントスが1979年の準々決勝で3-1でインテルを破り、連続でノックアウトステージ進出への運命の上昇をもたらした。その日の得点者は、マルコ・タルデッリ、セルジオ・ブリオとカップ戦の英雄カウシーオでした。そして、彼はその年の決勝パレルモ戦のアディショナル・タイムで決勝点を奪い、6度目のコッパ・イタリアを獲得しました。

    1980年代、ベスト8での試合は、スコアレスで引き分けた。しかしサンシーロで2-1で最初のレグを勝利したので準決勝進出には十分でした。

    無上の幸福

    1983年の準決勝1回戦の電撃の8分は、7回目のコッパ・イタリア優勝へ最終的に道を開きました。
    ジュゼッペ・バレージのオウンゴールとジュゼッペ・ガルデリシの本能的なゴールトラパットーニ監督のチームに威圧的な2-0のリードを与えましたが、それはグラツィアノ・ビニの強力なヘディングでルシアーノ・ボディーニからゴールを奪いリードが減ります。

    インテルのゴールでは、ウォルター・ゼンガが優れており、終盤のパオロ・ロッシのPKからユーヴェのアドバンテージを広げるのを防いでいた。

    4日後に、ユーヴェはミラノで堅実でした。そして、0対0の引き分けがヴェローナに対する劇的2試合へ確実にし、1試合めを2-0で2試合目を3-0でヴェローナをビアンコネリが勝利し、この大会で7回目の優勝を達成しました。

    延長戦とPK

    ユーヴェがコッパ・イタリアでインテルに勝利した最後の2試合は、決定が残念に思い帰り道に早く帰ろうとしている様な種類の物でした。

    1992年2月に、パオロ・ディ・カーニオがサン・シーロで興味をそそる2回戦へインターバルの直後ゴールを奪い、インテル戦でのトラパットーニの監督の素晴らしい記録が続きました。

    そしてロベルト・バッジョの延長での2得点がマッシモ・チョッチのインテルへの得点を同点にしミラノで準決勝を確保した。

    マルコ・ディ・バイオは、2004年のインテルとのユーヴェの準決勝1回戦引き分けの英雄です。

    12年後に、2チームは2004年の準決勝で素晴らしい戦いしたマルコ・ディ・バイオが2得点を奪うとアドリアーノが2点返しスタディオ・デッレ・アルピでの2-2の引き分けをアルベルト・ザッケローニ監督のインテルと行なった。

    ミラノでのリターンマッチは確実にエキサイティングでした、アドリアーノの先制点が、アレッサンドロ・デルピエロとイゴール・トゥドールからのゴール前にあり、スコアはユーヴェを決勝ヘ近づけました。しかしダニエレ・アダーニの95分の同点弾で延長に突入しPKとなった。

    デルピエロ、エンツォ・マレスカ、パベル・ネドヴェド、ニコラ・レグロッターリエ、ファブリツィオ・ミッコリは11メートルから確実に決め5-4でPK戦を勝利した。しかしコッパ・イタリア決勝はラツィオが勝利した。

    アレッサンドロ・デルピエロは、サン・シーロでの2004年の準決勝2回戦でインテル戦のビアンコネリのPK戦勝利で、ミスする事は無かった。

    正確に12年後に、準々決勝でラツィオを破り、水曜日の夜にロベルト・マンチーニ監督のチームに対する勝利から始めます。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK