30.10.2016 12:00 - in: セリエA S

    #JuveNapoli: ナポリ戦5つのポイント

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ヒーローとなったゴンサロ・イグアインとレオナルド・ボヌッチの最新のビッグマッチ・ゴールがユベントスの2-1でのナポリ戦勝利の5つのポイントのトップラインです
    イグアイン・ザ・ヒーロー

    ゴンサロ・イグアインが夏にナポリからユベントスに移籍後の、ビアンコネリがメインのタイトル・ライバルであるナポリとの対戦で、3年間で91得点を挙げユーヴェのクラブ記録となった契約等対戦への魅力的なサブプロットから一層際立った試合となった。

    そしてピピータの決定的な左足のシュートは、ゴール下角へ収まり今シーズンのリーグ戦7ゴール、全ての戦いで8ゴールとなり、ユベントスが彼の活躍を確実とするために熱心になった理由の最新の証拠となった。

    第1節のフィオレンティーナ戦での均衡した試合での決勝点から、ここまでのシーズン10月末にリーグ戦上位をキープするピピータの最重要で感情的な状況で窮地を脱したゴールとなった。

    ビッグ・ゲーム・ボニー

    レオナルド・ボヌッチは、シンプルにビッグ・マッチで得点を挙げるこつを持っています。50分のゴールは、ナポリが重要な瞬間に上昇するボニーの能力を見る機会となった。

    ローマ、ミラン、インテル、フィオレンティーナ、ラツィオ、そして今ナポリの全てのチームが29歳の犠牲者となりました。また、ボヌッチが得点した時、ユベントスは勝ち点3を確保しています。

    ゴール前での全ての功績と、チーム最高の3ブロックと試合最高の4度のインターセプトで優秀なディフェンスのプレーを残しました。

    クアドラードのクオリティ

    勝利した水曜日のサンプドリア戦で2アシストの援助後、昨日のフアン・クアドラードは昨晩再び絶え間ない脅威となった。

    明確な得点機が殆どなかったが、クアドラードのペース、トリッキーさ、正確なクロスは試合最高の3度のゴールチャンスを作った。

    交代選手のスポット

    ベンチから出場したクアドラードの影響から前節のこの点は重なります。ここ数週間のクアドラードのパフォーマンスは、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のオプション管理方法の賞賛に価するものです。

    トスカーナの戦術家は、自身の言葉に忠実なままで、クラウディオ・マルキジオのあまりに早くプレーへ戻ることへ急ぐことないように警告して、68分にマルキジオを起用する前に順当に中盤を現状維持させる役割として最近優れているエルナネスを先発させることを選んだ。

    偶然の一致によって、マルキジオがピッチに戻った後、ユーヴェは正しい瞬間に戻りました。後半にステファノ・ストゥラーロが投入されグリッドと筋力をマルキジオの落ち着きと正確なパスを合わせ、ビアンコネリが2度目のリードを捨てないことを確実とした。

    止められないアレックス・サンドロ

    平均以下のパフォーマンスの意味を知らないように見える選手、アレックス・サンドロは昨晩新たにプレーで示したことは驚くに足りません。チーム最高の89パスを成功させそのうち28本のパスは、相手陣地でのものでした。ビアンコネリのチームメイトよりも多くのものでした。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK