27.10.2016 10:50 - in: セリエA S

    #JuveSamp: サンプドリア戦5つのポイント

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Juventus.comは、クラウディオの復帰、キャプテン・キエッリーニの2得点、サンプドリア戦4-1の勝利を分析します
    1. マルキジオの復帰!

    知らない場合に備え、これらの試合後に5ポイントはユベントスの公式twitterとfacebookページのサポーターから来ています。

    5つの話題が次の日Juventus.comの上で議論される事としてfacebookでの質問の1ポイントは、水曜日の夜を要約するのに十分な事の1つと指摘されました。それはクラウディオ・マルキジオの復帰です。

    4月のパレルモ戦敗退での怪我から192日目に始めてビアンコネリのユニフォームを着用した、ユーヴェの背番号8は、ユベントス・スタジアムでのサンプドリア戦で継ぎ目なく中盤にフィットし、マルキジオとホームファンの忍耐は昨晩報われました。

    チームメイトのジョルジョ・キエッリーニ、フアン・クアドラード、ミラレム・ピアニッチ、マリオ・マンジュキッチがゴールに結びつく貢献で注目されたが、キックオフ前にクラウディオの名前が発表された時に歓迎が響き、試合終了20分前に下がると、スタンディング・オベーションが行なわれました。

    マルキジオが90分フル出場を完了する前に2、3週があり、昨晩のパフォーマンスは中盤のバランスと落ち着きを思い出される物でした。88%のパスを完了させ、試合最高の9度のポゼッションリカバリーを記録した。

    おかえり、クラウディオ。

    2. キャプテン・キエッロ!

    ジョルジョ・キエッリーニのまさしくその長所を引き出すようにキャプテンマークを着けていました。
    セットプレーからヘディングで2得点、キャプテン代理でのキエッロの4点および5点目は昨シーズンの最後の試合でのロングシュートに加わる物となった。

    キエッリーニにとってキャリアで2008年4月以来2度目の1試合2得点で、ここ数週、ミラン、ウディネーゼ、リヨンとの試合に出場しなかった後、ビアンコネリのベテランは先発メンバーに戻った。

    全てが、チームを導く完璧な例えでデモンストレーションです。

    3. スタートを切ったスーパーマリオ

    2015年夏にアトレチコ・マドリードから加入してからビアンコネリへ鍵となる選手になったパフォーマンスを出し、昨晩も得点を挙げた。疲れを知らない攻撃性で相手ペナルティエリアで絶え間ない脅威となるヘディングをマリオ・マンジュキッチが残します。

    インサイド・フォワードとしてプレーし、マンジュキッチは熾烈なサンプに対しベストでプレーしました。左サイドでクアドラードの俊足からペースと精度を持ってボールを捕えました。

    ユーヴェ動かす事を可能にしたシーズン最初リーグ戦でのゴールは、ビアンコネリにとって重要な得点を一貫して挙げてきたことを思い起こす報酬となった。少なくとも11月中旬までパウロ・ディバラは外れるため、マンジュキッチ-イグアイン-クアドラードの三叉矛の有効性は、ディバラ不在を感じさせない事を確実とします。

    4. クオリティ・クアドラード

    サイドから他へ、ユーヴェ・ファンがなぜそれほど夏の間彼を戻したがったかを、フアン・クアドラードは再び示しました。

    先週、クアドラードは、リヨンに対して決勝点を誉め称えた、そして今度は昨晩、彼の創造的な貢献は、ユーヴェの先制点へ繋がり、マンジュキッチとキエッリーニへ2つのアシストを記録しました。

    細くてしなやかな腰のシミー、ペースを爆発させ先制点へ完璧なクロスは、純粋にクアドラードに関し最もハッキリとしたサインでした。そしてフアンはギアを上げ始めています。ダニ・アウヴェスが彼の後ろにおり、今より良い右サイドでの組み合わせについて考えるの苦労するでしょう…

    5. マジック・ミラレム(再び...)

    多くの良質なパフォーマンスがあった夜、5つめのポイントは、ミラレム・ピアニッチに捧げられることは、思いがけないことではありません。

    ピアニッチ、は得点しセリエAでのキャリアで8度目に匹敵する貢献をしました。そしてユーヴェの中盤のトリノの先進としてピアニッチは、シーズン残りへマッシミリアーノ・アッレグリ監督の計画へ攻撃的な才能を提供します。

    トライアングルの底辺のマルキジオ、ボックスへダイナミズムを供給するサミ・ケディラと攻撃へのマンジュキッチ、クアドラード、イグアイン、ディバラへ繋ぐ仕事を貸されるミラレムは、ビアンコネリがトップレベルで中盤に必要な条件を数える事ができます。

    この期間すでにユーヴェの中心のセレクションでクオリティを示している完璧なフィットネスとマリオ・レミナとエルナネス、ステファノ・ストゥラーロとクワドォ・アサモアが戻り、多くでアッレグリ監督の中盤の豊かさは、数チームに対抗する事ができます。再びチームが素晴らしいフィールドのエリアを示しました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK