21.03.2016 16:00 - in: チャリティー/CSR S

      「ノー・レイシズム」は、ヴィノーヴォから!

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユベントスは、クラブのヴィノーヴォのトレーニング・ベースで、国際人種差別撤廃デーへ特に組織化されたイベントを開催

      クラブのトレーニング・グラウンドで特に組織化された国際人種差別撤廃デー賛美するイベントにユーヴェのトリノ・アカデミーから130人の若者が共に訪れ、ヴィノーヴォは団結の日となった。

      長年最新のスポーツの課題に関するエンターテイメントとして手配されるイベントは4回目となり、全ての差別と戦う関与を再確認するためにユベントスは、もう一度この機会を利用しました。

      月曜日のフェスティバルは、twitterとFacebookでクラブのサポーターへ開かれた活動をハッシュタグ#UNESCOJuventusと#WhatColourを使い最高点を意味しました。

      6つのピッチは満たされ、その中でユベントスのトリノ・ユネスコ・センターとの協同協賛の「プレイ・ウィズ・ミー」イニシアティブの参加者によって行なわれた一連のミニゲームの準備が行なわれていました。

      下のフォトギャラリーが示すように、関係する全ての人に記憶される日になりました。

      ユベントスとユネスコは人種差別との戦いで長い間共に働きました。そして、以下のプロジェクトを行いました。:

      • 『キック・アウト・レイシズム』そして『プレイ・ウィズ・ミー』がパリのユネスコ本部で2014年3月6日にクラブ会長アンドレア・アニェリが発表しました。
      • ユネスコ・カップ、収益はマリと中央アフリカ共和国の子供兵へサポートを提供
      • 『色?どんな色?』差別とスポーツの世界への編入関係を分析する、パリで2015年11月27日に示されたレポート。
      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK