23.11.2016 10:30 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      #SFCJuve:セビージャ戦、メインマンと際立ったスタッツ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Juventus.comは、チャンピオンズ・リーグ、エスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンでのセビージャ戦で3-1で勝利した
      際立ったスタッツ

      1 – ユーヴェは、今シーズン最初の大きな目的であるチャンピオンズ・リーグ、ノックアウトステージ進出を果たした。

      また、1試合を残し、グループHで首位での突破を目指すためにセビージャを抜きビアンコネリは首位となった、

      8 – ヨーロッパのトップ争いでの過去10シーズンでユーヴェは8回連続でベスト16進出を果たした。

      またビアンコネリはスペインの地でレアル・マドリッドと戦い2-0で勝利を挙げたのは8年前の2008年11月でした。

      526 – ビアンコネリ選手のパス成功率は、84.4%です、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の選手はまた、58.1%のポゼッションをエスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンで楽しみました。

      メインマン

      マルキジオ – 来る時、来るクラウディオ。昨日のマルキジオの得点は2015年5月以来でした。今シーズンの長期の怪我からスタッツで、より楽しい瞬間をスコアシートに乗せ、ハーフタイム前のPKがユベントスを引き分けに持ち込みました。

      その際、王子はチャンピオンズ・リーグでPKゴールを挙げたアレッサンドロ・デルピエロ、ニコラ・アモルーゾ、フィリッポ・インザーギに続く4人目のユベントス選手になりました。

      ボヌッチ – レオナルド・ボヌッチは、ビッグマッチをシンプルに好みます。1ヵ月前、ホームでのナポリ戦で先制点を祝いました。例えを見せます。

      昨晩ボヌッチは、ノックアウト・ステージへ導く、セルヒオ・リコのゴール隅へ25ヤードの稲妻のようなシュートを放ちユーヴェの予選突破へのゴールを挙げました。ヒットとタイミングの影響のクオリティは、2年前のホームでの同じくビッグマッチ、ローマ戦でのゴールを思い起こさせました!

      マンジュキッチ – マリオ・マンジュキッチのスマートなフィニッシュは、キャリア史上チャンピオンズ・リーグで38ゴール目となった。スーパー・マリオです。

      ダニ・アウヴェス – 元セビージャの男は、彼の古巣相手に素晴らしい戦いを見せました。試合さいこうの 71パスを果たし、2度のインターセプトがあり、もしそれでも十分でないなら、2度のドリブル突破がありました。

      キーン – 2000年以降生まれの選手セリエA初出場を果たした3日語、モイーズ・キーンはチャンピオンズ・リーグでもデビューを果たしました。彼に注目してください!

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK