25.10.2016 10:00 - in: 公式レポート S

    2015/16シーズン持続性報告

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    レポートの第3版において、ユベントス・フットボール・クラブは、新しく持続可能なフットボール・ビジネス・モデルに言及

    クラブの持続可能なフットボール・ビジネス・モデルとして国際舞台でさらに成立したさらなる一年の仕事の最高点である第3版持続性報告レポートを、ユベントス・フットボール・クラブは、今日公表しました。

    ユベントスはこの3年間で完璧な持続性を持ちました。そして、来たるべき年間の後に続くための持続性と詳細なモデルの明確な定義済みの研究法を展開するためにクラブの内外両方からのフィードバックを引き受けました。

    クラブは内部の構造変化を行い、特別委員会と一連のスタッフを作りました。

    ユベントス・スタジアムでのセリエAの試合で全体の環境影響への研究プロジェクトが発起され、フットボールにおける人種主義と差別に関する草分となる調査を発表するために、クラブはユネスコと力を合わせました。その一方で、統合と教育を面とする価値を高める手段としてフットボールの権限を利用するためユネスコと共に働き続けます。

    もう一度今年、ユベントスは、最初の発表においての仕事を概説し、ユベントスと表題をつけました。:フットボール産業の持続性の我々の展望。
    ユベントスが地域に加える価値の明確な概要を、この文書は、全ての投資家に与えます。

    2つの主要記事欄に分かれる前に、レポートはアンドレア・アニェリ会長とクラブの持続可能なアプローチの説明からメッセージで始まります。

    はじめに「マッチデー」は、フットボールの問題を扱い、ファースト・チーム、クラブと関係するサポーター、ユベントス・スタジアムの環境に関する情報を提供します。

    第2セクションでは「フットボール産業として、舞台裏について、小売の管理、経済パフォーマンス、協力の重要性、若者のクラブ参加、メディア・リレーション、クラブのグリーン・ポリシー、地元地域での仕事、人的資源の管理と最新のニュースを調査します。

    レポートはGlobal Reporting InitiativeのG4ガイドラインのコア・オプションに従って下書きされて、明確で包括的な事を確実とするために、外部の会社によって見直されました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK