27.12.2016 10:30 - in: チーム S

    2016年レビュー: ビアンコネリ、セリエAトップを取り戻す

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    過去12ヶ月を振り返るパート2では、ナポリに対し非常に重要なホームでの勝利と思い出に残るアウェイでのダービーを振り返ります…

    それは、大きな、大きなゴールでした。ユーヴェがナポリを超え首位に登ることを可能にし、渡した対はスクデット・ゴールと呼ぶかもしれません。

    より多くのスリルが2月にはありました。ボローニャと0対0で引き分け後、待望のチャンピオンズ・リーグでの対戦、ビアンコネリはユベントス・スタジアムでバイエルン・ミュンヘンを迎え撃ちました。

    この試合は、チームと誠実なユーヴェ・サポーターが本当に待ちわびた戦いでした…

    残念な事に、前半は計画通りではありませんでした、トーマス・ミュラーとアリエン・ロッベンのゴールのビハインドから後半に私達は入りました。本当のユーヴェは、リスタートの後現れ、素早く同点へ向かいました。

    パウロ・ディバラのゴールが逆襲の始まりとなった…

    …そして、ステファノ・ストゥラーロが76分に同点にした。

    ビアンコネリは、2月の終わりと3月の初まりの5日間で2度インテルと対戦します。

    ユーヴェは、2月28日日曜日のリーグ戦、レオ・ボヌッチとアルバロ・モラタのゴールで勝利した。

    続く木曜日、ビアンコネリはコッパ・イタリア準決勝リターン・レグでファースト・レグの3-0のアドバンテージを追いつかれ衝撃的な逆転に苦しんだ。

    しかし、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の選手2年連続決勝進出を手にするため、PK戦で勝利を収めました。リーグ戦に戻り、ユーヴェは3月6日から11日の間で2勝2試合無失点3ゴールを手にした。

    そして3月16日、ユベントスはチャンピオンズ・リーグ、ベスト16ラウンドリターン・レグのためミュンヘンへ旅立ちました。今回の前半は、トリノでの戦いと完全に反対な試合でした。

    ポール・ポグバとフアン・クアドラードの早々のゴールでドイツ・チャンピオンを追い詰めユーヴェは煌めく戦いで序盤を完全に支配しました。

    3ゴール目は、間違えなくこの戦いを決める物でしたが、ユーヴェにとっての物ではありませんでした。バイエルンが73分にロベルト・レヴァンドフスキが1ゴールを返し、アディショナル・タイムにミュラーが同点に追いついた。

    ビアンコネリは、その後息切れし延長戦に止まりました。ティアゴ・アルカンタラとキングスレー・コマンのゴールが私達のヨーロッパでの戦いを終わらせましたが、この試合でヨーロッパのトップ・チームの1つとしてユーヴェの地位を再確認しました。

    ビアンコネリは、国内での勝利と地元での勝利を繰り返す機会を得ます。そして数日後、デルビー・デッラ・モーレのためにアウェイでの戦いへ向かった。ベストのタイミングで厳しい戦いに臨み、チャンピオンズ・リーグの失望かた立ち直る大きな挑戦となった。

    ユーヴェは、3月を良く締めくくるために舞台へ近づきました。もし見逃していたも驚きを台無しにしません。落ち着いてこのハイライトを楽しんで下さい…

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK