31.12.2016 09:30 - in: チーム S

    2016年レビュー: 新しいシーズン、同じ優位

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    2016年レビュー、パート5:カレンダーの年の終わり、新しいセリエAで再びユーヴェは首位に立ちます…

    2016/17シーズンは8月20日にキックオフしビアンコネリは正確に勝利をユベントス・スタジアムで挙げ上向きでスタートした。

    フィオレンティーナがセリエA開幕戦の対戦相手となり、話題の大型移籍を果たしたゴンサロ・イグアインは、より良いデビューを挙げる事が出来たでしょうか?

    マリオ・マンジュキッチのゴールで始まり、ニコラ・カリニッチが同点にするも、新しいアルゼンチン人ストライカーは、ベンチから試合に入り決勝点を奪いました。

    続くトリッキーなアウェイ、ラツィオ戦では後半終盤にサミ・ケディラが得点し勝ち点3を確保した。

    9月最初の対戦日程は私達がサッスオーロを楽しませました。最初の10分以内にエル・ピピータが2得点でビアンコネリのユニフォームでの爆発的なスタートを切り続け、ミラレム・ピアニッチがデビュー・ゴールを挙げ3-1で勝利した。

    ユーヴェが2016年にホームで完璧な記録を維持し続けるも、アウェイ、スタディオ・サンシーロで最初と2度目の苦しみがあり、今シーズンの敗北があった。

    9月18日、シュテファン・リヒトシュタイナーが先制点を奪うもインテルは勝ち点を奪い取った。丁度1ヶ月以上後、マニュエル・ロカテッリの驚きのゴールでロッソネリにユーヴェは敗れた。

    ミラノでの2度の敗北と11月下旬のジェノア戦3-1の敗戦を除きユーヴェは今シーズン、セリエAで勝利だけを挙げてきました、引き分けはありません。

    インテル戦敗戦後、ビアンコネリは9月21日にカリアリにダニエレ・ルガーニ、イグアイン、ダニ・アウベス、ルカ・チェッピテッリのオウンゴールで4-0で勝利し立ち直りました。

    4日後、再びオウンゴール、今回はエドアルド・ゴルダニガのオウンゴールでパレルモに1-0で勝利した。

    10月は、エンポリへのアウェイ対戦から始まり、パウロ・ディバラとイグアインの2得点と後半の5分間で3ゴールを挙げた試合を決めた。

    インターナショナル・ブレイク後、トリノでディバラが2得点を挙げ2-1でウディネーゼに辛くも勝利。

    Comment if you love @paulodybala... #FinoAllaFine #ForzaJuve #InstaJuve #JuveUdinese 2-1!!

    Juventus Football Clubさん(@juventus)が投稿した写真 -

    ACミランに負け、この月をユベントス・スタジアムでのセリエAの2試合で締めくくりました。

    10月26日、珍しくジョルジョ・キエッリーニが2得点を挙げ、ピアニッチとマンジュキッチがスコアシートに名前を刻み、サンプドリアに4-1で勝利。

    そして今シーズンの最大の試合の1つ、タイトル候補ナポリとの対戦です。 時来たりて、その者現わると彼らは言います。レオ・ボヌッチとホセ・カジェホンの得点で同点になり、イグアインが前所属クラブに対して決勝点を挙げた。

    それはエル・ピピータが挙げた決定的なゴールの最初でも最後でもありません。

    11月は、2試合さらに勝利を挙げます。6日のヴェローナでのキエーヴォ戦はマンジュキッチとピアニッチのゴールで2-1で勝利、ホームでの19日ペスカーラ戦はケディラ、マンジュキッチ、エルナネスのゴールで3-0で勝利したが、ジェノアに負ける事に。

    2016年の最後の月は、挑戦となる3試合となった、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、飛ぶ鳥を落とす勢いのアタランタ、トリノ、2位ローマとの対戦があった。

    最終的に、12月3日のアタランタの9試合無敗をユベントス・スタジアムでアレックス・サンドロ、ルガーニ、マンジュキッチの得点で3-1で止める事になった。

    次にデルビー・デッラ・モーレです。同じ都市同士のライバルと猛烈な戦いがありました。アンドレア・ベロッティがトロに序盤に希望を与えたが、イグアインが折り返し前に同点にし、82分逆転弾を挙げ、ピアニッチがアディショナルタイムに追加点を奪った。

    2016年最後のリーグ戦は、12月17日ルチアーノ・スパレッティ監督のローマとの戦いで、トリノでの戦いは、勝ち点6差に広げるための非常に大切な戦いであった。ライバル・ローマは、ユーヴェを追い越す気持ちと共に戦い4ポイント先にスタートしたが、私達のイタリア・スーパーカップとクリスマス前にプレーという様な試合であった。

    本当に均衡した戦いであったが、再びイグアインが違いを見せた。ダニエレ・デロッシのポケッロからボールを拾い、サイドステップでコスタス・マノラスにチャレンジし、稲妻の様なシュートでヴォイチェフ・シュチェスニーからゴールを奪った。誠実なビアンコネリ・ファンの前でワイルドなシーンを示しました…

    残りのセリエA、18試合をプレーしたが、ユベントスとACミランはイタリア・スーパーカップのためにドーハへ向かいました。悲しい事にキエッリーニの先制点をジャコモ・ボナベントゥーラが追いつき、ロッソネリがPKに勝利しトロフィーを掴み、私達は何も手にせず戻ってきた。

    負けによる年の終わりは期待はずれだったが、キエッリーニが試合後に話した様に、2017年にさらに大きく戦う事がビアンコネリを始動させる事となります!

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK