17.02.2016 12:00 - in: イベント S

    マッシミリアーノ・アッレグリのコーチング・レッスン

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、ユベントスのテクニカル・スタッフのために戦術的なフォーラムを行い、準備、トレーニング方法と彼自身のコーチ哲学を議論した

    水曜午前のヴィノーヴォでは、お馴染みだが若干異なる方法で、技術的なスペクトルとコーチ・スタッフという幅広い範囲で始まりました。

    変わらず、戦術と試合の準備にかんする議論の議題でしたが、外の練習場で行なう代わりに、ビアンコネリのボス・マッシミリアーノ・アッレグリ監督自身が準備したホワイトボードの前に座り行ないました。

    トレーニング、スポーツサイエンス長のロベルト・サッシにより組織され、ビアンコネリのトレーニング・ベースのメディア室でアッレグリ監督の戦術講義はクラブのスタッフの知識を拡大するために独占される一連の最新のミーティングで、このトレーニング方法と戦略は下部チームの一番下からファーストチームまで均一となることを確実とする経験の共有となりました。

    自身の技術的なセレクションと準備の方法を提示し、監督のフォーラムのメインとなるメッセージは、戦術的に敏感で知的なチーム(独立して考え、どんな試合状況でも適切に反応することができる)の重要性でした。

    監督は話します。「戦略とチームを組み立てる方法について、考える均一なスタートの前に、説明し自分自身でどんな試合でも流れにでも反応することを、あなたが選手に教える事が全てで重要です。

    本当に偉大な選手は、必要な時に何をするべきか正確に理解し、複雑に観えることをシンプルにする事が出来き、通常の選手が30km/hでボールをパスする所、彼らは100km/hでパスを送ります。」

    アッレグリ監督にとって、チームへの効果的戦略とフォームを作成方法の要点に接近する前に、フィールドで様々な異なる役割を果たし、試合を出来るだけシンプルにする事に十分、選手が技術的に良いということを、確実としなければなりません。

    「あなたが選手が自分自身で考えるのを進めることが不可欠です。もともと、論理と意思決定の必要なレベルを近づければ、フットボールは非常にシンプルなゲームです。」

    心にある、シーズンの残りに対するアッレグリ監督個人の野心は、等しくダイレクトでした。彼のチームの選手とプレーのあらゆる面で成長を確実とする事です。

    「私の情熱はコーチングにあり、ユベントスのために結果を届けられるかどうかは私次第です」と結論しました。「私は自分がチームの技術的で戦術的な知識の一つを改善することができれば誇りと私の仕事を追想します。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK