27.01.2016 23:23 - in: コッパ・イタリア S

    コッパ・イタリア準決勝のユーヴェにアドバンテージ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ビアンコネリは、水曜日の夜コッパ・イタリア準決勝1回戦を3-0でインテルに勝利し重要なリードを確保した

    ビアンコネリはユベントス・スタジアムでインテルに対し断固とコッパ・イタリア準決勝の試合をコントロールし、アルバロ・モラタの2得点とパウロ・ディバラの終盤のゴールで水曜日の夜の1回戦を3-0で勝利しリードした。

    全体として、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、代表的な積極的なイタリアダービーでより良いプレーを残しました。
    最初の得点機会は36分にクアドラードが    ジェイソン・ムリージョに倒され、PK、ペナルティースポットからモラタがユーヴェにとって最初の枠内へのシュートで先制点を挙げ両チームにとってプレミアムなゴールとなった。

    10月4日のボローニャ戦で最初のゴールを決めた後、ディバラが徹底的にゴールを奪うフォームで3点目を奪う前に、モラタはスペイン人は30分未満で追加点を奪い、3月2日のサンシーロでのセカンド・レグへ向けしっかりとプレーを残した。

    ユベントスの良い立ち上がりは、モラタのプレーから行なわれインテルの守備に対しショートパスでクワドォー・アサモアへボールが渡りシュートも枠を外れた。

    15分にクアドラードのクロスが、ペナルティーエリア内でガリー・メデルの手に当るというビアンコネリの主張を主審は流した。

    この判定に頭を落とした後、ユーヴェは20分に突破口を見つけるために試合を相手に対し自分のものにし続け、クアドラードはマークを外しシュートを放つも枠を外れた。

    アデム・リャイッチはインテルの前線の中で最も活発に動いている様に見えていた、そしてリャイッチはインテル前線で最初の攻撃を開始した。ダニーロ・ダンブロージオへショートパスを送りクロスをジョナタン・ビアビアニーへ送るもネトのゴールを脅かす事はありませんでした。

    序盤のロベルト・マンチーニ監督のチームにとって良い動きとなったが、この4分後にユーヴェは最初の得点を祝いました。

    モラタの疲れ知らずの走りは、インテル守備陣に規則的に問題をもたらし、36分のモラタとクアドラードのコンビネーションがより問題を起こした。きちんとしたワンツーは、ムリージョに取って厳しいものとなり、クアドラードに対するファウルは主審がPKの判定に。

    ステップを上げたモラタは、サミール・ハンダノヴィッチから止められないシュートでゴールを奪い、20試合の無得点の走りを終えチームに相応しいリードをもたらしました。

    後半63分、前半のゴールへの最初のシュートと似ているも異なったパターンの攻撃は、モラタのゴールの才能から2点目を与えリードを2点に広げた。

    マリオ・マンジュキッチの最初のシュートがブロックされた後、23歳はボールを自分自身を見つけハンダノヴィッチは何もする事が出来ず、追加点となった。

    このプレーの後、2点差を縮める小さな可能性がインテルにあり、ネトはムリージョの危険なヘディングを高い集中でブロックした。

    ムリージョは再びクアドラードを倒しファウルを受け退場、インテルは1人少ない状態でプレーし、このプレーで得たフリーキックをポグバが放つもポスト外へシュートは外れた。

    数の利点から熱く中でプレーするビアンコネリは、追加点を求め前へ急ぎ続けた。そして78分、ポグバの右からの正確なクロスをモラタがシュートもキーパーとバーの上へ外れ、ハットトリック寸前まで近付いた。

    そして、マンジュキッチと交代で投入されたディバラは早々、最初の優れたシュートで終盤に3点目を挙げた。

    試合を振り返り、アッレグリ監督は選手の最先端を喜びます。そして、枠内への4本のシュートのうち3ゴールを記録した。
    前を見て、コンパクトで分析的なプレーは、3月上旬のサン・シーロでのリターン・レグで重要なアドバンテージをフルに活用するようにチームに願います。

    ユベントス
    ネト; カセレス, ボヌッチ, キエッリーニ; クアドラード (パドイン 90), ポグバ, マルキジオ, アサモア,  エヴラ (アレックス・サンドロ 83); モラタ, マンジュキッチ (ディバラ 77)
    未出場控え: ブッフォン, ルビーニョ, バルツァッリ, ルガーニ, リヒトシュタイナー, エルナネス
    監督: アッレグリ

    インテル
    ハンダノヴィッチ; ダンブロージオ, ミランダ, ムリージョ, 長友; フェリペ・メロ  (ブロゾヴィッチ 64), メデル, コンドグビア; ビアビアニー(イカルディ 77), ヨヴェティッチ, リャイッチ (フアン・ジェズス 70)
    未出場控え: カリーソ, ベルニ, ラノッキア, サントン, テレス,  ニュクリ, マナイ, モントヤ, パラシオ
    監督: マンチーニ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK