25.10.2016 15:14 - in: イベント S

    アニェリ会長、ネドベド、マロッタ記者会見

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    アンドレア・アニェリ会長、パベル・ネドベド副会長、クラブCEOジュゼッペ・マロッタは、ユベントス・スタジアムでの株主総会の後記者会見を行った

    歴史的な過去5シーズンから、さらなる成功の見通しへ、火曜日のユベントス・スタジアムでの株主総会で、再びこれまでよりもより健全にクラブの包括的な概観を提供。

    今朝早くにユベントスの財政的なコンディションを議論し、詳細はこちらから確認できます。そして、アンドレア・アニェリ会長は、メディア対応へ移動し、活動を要約するためスタジアムの記者会見会場に集まりました。

    パベル・ネドベド副会長、CEOジュゼッペ・マロッタ、CFOアルド・マッツィアが加わり、記者とのディレクターミーティングの鍵となる引用は以下の通りです。

    アンドレア・アニェリ

    イタリア・カルチョの状態

    「2006年、イタリアのフットボールは多かれ少なかれヨーロッパの主要リーグと同等で、次の年にもまだ保っていました。その結果我々の後ろには5年前にいます。ブンデスリーガ、リーガ、プレミアリーグのようなリーグは、はるかに良い状態です。しかし、常にそうであるという事ではありません。

    次の3、4年、ユベントスはヨーロッパ最大のクラブに届くポテンシャルを持っています。正しく必要なリフォームと共にです。我々の成長はヨーロッパの一部として、セリエAの再浮上と一致します。

    今後数年間でチャンピオンズ・リーグ準々決勝に少なくとも2チームイタリアから出す事は、防がれていません。私達のライバルへ多く前進するもファンからのサッカーの標準へ必要な事を行わなくてはいけません。」

    パベル・ネドベド

    今シーズンここまで

    「私はユーヴェが今シーズンここまで確実に正しいやり方で来ています。言うなら、リーグ戦9試合後首位にいるという事です。まだ多くワークし進歩する事があります。我々が前にも言ったように、今自分達のスタイルでのプレーを進歩させ、強さを持って序盤のポジションを固める事を確認しようとしています。

    クラブを移籍してきた世界的な素晴らしい選手達を新しい環境に適応させるのは苦労しますが、イグアインの場合は絶対的に喜びです。かれは、素晴らしいスタートをおここで行いました。私は、彼が現状の世界で最高のフィニッシャーだと信じています。」

    ジュゼッペ・マロッタ

    移籍市場

    「タイトルレースは開かれています。まだ9試合を今シーズン戦っただけです。順位表は、まだ動き始めたばかりです。スクデット獲得へ様々な方法があります、若手選手達かもっと経験のあるスターかどうかです。しかし全ては5月の終わりにリーグ首位にいる事です。

    私たちの移籍ビジネス?我々は夏のチャンスでアドバンテージを取り非常に重要な2選手を迎え入れました。ゴンサロ・イグアインとミラレム・ピアニッチです。フットボールの世界共通でできる限り室の高い選手を移籍させるためにあらゆるチャンスを認識している事を確認するのが我々の義務です。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK