30.10.2016 00:09 - in: セリエA S

    アッレグリ監督「後半は違う試合でした」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    監督は、ユーヴェのハーフタイム後にステップを上げナポリと戦った事を賞賛「我々は失点したが、回避する事は出来ました。しかしプレスを上げ、少ないリスクで勝利した。」

    ユーヴェは今夜タイトル挑戦者ナポリに大きな勝利を上げ楽しみますが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、シーズン序盤での対戦である事を熱心に話します。

    「今夜重要な勝利でしたが、決定的ではありません。」監督は、ビアンコネリのユベントス・スタジアムでの2-1の勝利後説明した。

    「我々は、首位キープへ勝利が必要でしたし、ナポリへ勝ち点7差をつけました。しかし、まだシーズンは長い道ですし、プレーへ多くのポイントを残しました。」

    アッレグリ監督は、ナポリの試合の組み立てに敬意を払ったが、ユーヴェの後半のステップアップからの良い戦いからの勝利を主張しました。

    「ナポリは非常に上手くプレーしました。本当に良いフットボールをします。しかし、私は後半違う戦いになったと思います。我々は店舗を上げ、ナポリは少し足が止まり始めました。プレスをしかけ少しのリスクを取りました。また失点を避ける事もできたかもしれない。

    いつものようにチームでの勝利となったが、監督は、特定の数選手を抜き出して賞賛しました、まずは前線の選手からです。

    「ゴンサロ(・イグアイン)は、上手くプレーしリラックスしていました。彼には多くの注文がありました。対戦相手を引き延ばしチームへハードワークしまし。

    (マリオ・)マンジュキッチも上手くプレーしました。彼は、ゴンサロと前線で上手く役割をスイッチしました。」

    アッレグリ監督はミッドフィールダー達にも賞賛の言葉をかけます。

    「エルナネスが出場した時のファンのブーイングは、残念です。ブーイングに値しません。彼は、我々のプレーをまとめ、守備的にも貢献します。

    (ミラレム・)ピアニッチにも満足しています。彼は終盤一息つく必要があったが、私はあの瞬間彼が必要でした。(パウロ・)ディバラと(マルコ・)プヤカが欠場しています。我々は彼のような注ぎこめるクオリティの選手が中盤で必要です。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK