26.08.2016 14:30 - in: セリエA S

    アッレグリ監督「目線はオリンピコへ」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、ビアンコネリの今シーズンのリーグ2戦目、日曜日のローマのスタディオ・オリンピコでのラツィオ戦をプレビュー

    全ての目線は、昨日のモナコでのチャンピオンズ・リーグ、グループ・ステージ抽選、ユベントスのセビージャ、オリンピック・リヨン、ディナモ・ザグレブとの対戦へ向けられたが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、ビアンコネリが別の場所での集中に注意する戦いがあることを強調した。「現在、我々に関心のある唯一の抽選は7月のセリエAへのもので、今週末の我々のラツィオ戦への挑戦です。」とトスカーナの戦術家は話しました。

    「ラツィオは強いスタートとなった。ベルガモでアタランタに対しアウェイで勝利しましたし、簡単に戦える場所ではありません。4ゴールを挙げ、非常に良いフィジカル・コンディションを示しました。明日、我々は18:00(CEST)にプレーします。非常に暑くなりそうで厳しい試合になりますし、勝ち点3をトリノに持ち帰るために全力で戦う必要があります。

    ローマのスタディオ・オリンピコの翌日の戦いへのラインアップに関して、アッレグリ監督はローマへの遠征に数人の注目を集める欠場を明らかにした。「3選手が飛行機には乗りません。ザザはロンドンにいます。ウエストハムに加入する可能性があります。マッローネもクラブを抜けます。そしてボヌッチは個人的な理由で欠場します。

    レオがいなくても、明日は3バックでスタートします。これは試合中に変わることができます。私のメインの疑いはピアニッチとレミナどちらがディフェンダーの前で先発するかということです。ミラレムはトレーニングに戻り適切な形になっています。

    一方フォワードは、イグアインが疲労により今週2日間を簡単に考えなかればならなかったとしてもピークのコンディションに近づいています。マンジュキッチは先発です。」

    アッレグリ監督は、ユベントスの監督としてラツィオ戦で目覚ましい記録、全ての対戦7試合で勝利しています。しかしそれにもかかわらずシモーネ・インザーギ監督のチームの際立った強さを認めました。

    「ラツィオは、基本的に、ルリッチ、フェリペ・アンデルソン、キシュナ、ロンバルディ、インモービレの様な確実な選手がおり、カウンターでプレーするチームです。

    カウンターでのプレーはラツィオはかなり危険ですから失点しないことが非常に重要です。ラツィオは前シーズン首位争いをし、3位でシーズンを終えた印象深いチームです。インザーギ監督は、優秀な若手と強いチームを集めましたし、今回は、トップ6の順位を争います。」

    ヴィラール・ペローザはさておき、夏の間、ユベントスは全てのプレシーズン・マッチで失点しました。先週土曜日のフィオレンティーナ戦でもニコラ・カリニッチに失点したが、アッレグリ監督は運命の上昇を確実にする可能性について楽観しています。

    「リーグ・シーズン中、他のチームよりも頻繁に失点する時があります。例えば、先シーズンの早くから、我々は相当な数の失点があったが、年の変わり目に無失点を保ちました。

    フットボールの予測できない性質はとても美しいですが、我々はより試合で、特にセットプレーを受ける時にしっかりディフェンスする必要があります。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK