06.03.2016 18:26 - in: セリエA S

      アッレグリ監督「重要な無失点」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、日曜日のアタランタ戦2-0の勝利後、今年のタイトル・レースで失点しない事の重要性に下線を引きます

      無失点は順位表上位を保証するかもしれません。しかし、ユベントスの場合失点を止めた新年から10試合のリーグ戦を9試合勝利し多くの先制点を奪ってきました。

      日曜日のベルガモでアタランタに対し2-0勝利で9試合連続無失点を達成したチームを見て、このスタッツが5連続スクデット・タイトルへの努力においてビアンコネリを助ける鍵になると、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は強調しました。

      監督は以下を説明しました。「我々のような上位チームが無失点を達成した時、選手達は自由に得点を奪う事ができます。

      「タイトルを追うチームは一般的にシーズンを通し65~90回得点し、失点を許さなければ、リーグ獲得はより簡単です。しかし、今年のシーズンはとてもきついです、ナポリは8点私たちより失点があるが、得点は我々より8点多いです。」

      スタディオ・アトレティ・アズーリ・ディターリアの90分+アディショナル・タイムの戦いを分析し、特にエディ・レヤ監督のチームの後半の潜在的に後退させるという観点からアッレグリ監督は対戦での選手たちのメンタル的なアプローチを賞賛しエリアでの動きに下線を引きました。

      「残り10試合でこれは非常に重要な勝利です。我々は非常に良く前半をプレーしました、後半もボールを扱い上手くやるべきでした。
      物を急ぐのは無駄ですし、考えれば、3つパスをつなぎ合わせる事ができ、得点することができます。

      我々のアプローチは今日正しかったが、気を緩めた時、アタランタはボールを我々のボックスへ運び始め、失点のリスクを冒しました。この見解から改善するところがあります。」

      選手の現在の戦いを2014/15シーズンと比較される事を聞かれ、アッレグリ監督はまとめました。「昨年とは異なるユベントスです。我々には10人の新加入選手がいます、若手は、新しいプレーヤーがいます、若者はトントン拍子で戦ってきました。しかし試合の中で特定の状況を戦うという観点から戦い続けるためにまだ多くする事があります。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK