01.03.2016 12:30 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    アッレグリ監督「カップ戦に集中」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、ビアンコネリを決勝へ進出させるため、インテルとの水曜日のコッパ・イタリア準決勝の対戦へ完璧な集中を求めます

    トリノでの準決勝ファースト・レグで3-0で勝利しビアンコネリがアドバンテージを保っているインテルとの水曜日のコッパ・イタリアの対戦、5月の決勝へ向けカップ戦を制する期待へ、チームがサンシーロでの戦いへ自己満足していない事をマッシミリアーノ・アッレグリ監督は保証しました。

    トスカーナの戦術家はヴィノーヴォでメディアに向けて話しました。「我々は明日の試合へ好ましいリードを取っていますが、90分の戦いでは何でも起きる事があります。

    インテルは我々を攻撃する戦いをしますから、それに対する準備ができていなければいけません。私の考えでは、我々は決勝へ進出する可能性を増やすため少なくとも1点以上得点する必要があります。」

    ミラノでの対戦へのチーム・セレクションに関し、ここ数週間で活躍した数人の選手を休ませることをアッレグリ監督は認め、控えてている選手がフィットし試合への準備ができ出場に値すると強調しました。

    「ルガーニは若く、成長するためにもっと試合に出るのが良いです。ペレイラは、私がどのフォーメーションを採用するか次第でポジションを得る事ができます。エヴラは家族の問題で2日離れていました。彼は今夜戻る予定でトレーニング再開へ明日ヴィノーヴォに残ります。

    マルキジオは、今日残りのチームと働いています。プレーするかどうかにかかわらず彼は呼ばれます。
    バルツァッリは休むかもしれません。前線では私は、モラタとザザがストライク・パートーナと考えます。一方、ネトがゴール前に立ちます。」

    ナポリのフィオレンティーナとの1-1の引き分けでナポリとの勝ち点差がビアンコネリの後ろに3点差となり後に続くタイトル・レースについての判断を聞かれ、選手たちの優先事項は5連続セリエAタイトルを掴むために、自分自身をリーグ勝利に集中し続ける事とアッレグリ監督は強調しました。

    「我々はインテルに対して日曜日に上手く戦いましたが、まだ11試合ありシーズンは決して終わっていません。
    フィレンツェでの昨晩の結果は私たちの明確な助けになったが、 戦い得る勝ち点は33点ありますし、スクデットを奪うために我々は自分達自身へ1点でも増やす事に集中する必要があります。

    今の我々には、明日サンシーロへ行きコッパ・イタリア決勝へ進出する事に集中するだけで、その後に日曜日のリーグ戦アタランタ戦へ注意を向けます。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK