28.02.2016 23:54 - in: セリエA S

    アッレグリ監督「優れたユーヴェへ賞賛」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    今夜ユベントス・スタジアムでインテルに対し2-0で勝利を確実とした後マッシミリアーノ・アッレグリ監督はリーグ首位を賞賛

    セリエA17試合16勝でユベントスは、ここ数ヵ月で十分の喜びをマッシミリアーノ・アッレグリ監督に与えました。

    そしてバイエルン・ミュンヘンとの火曜日のエピックなチャンピオンズ・リーグの戦いの後、2-0で勝利した快適なインテル戦での勝利の道に戻り、試合後の分析をアッレグリ監督は振り返りました。

     「最初に私は、素晴らしいパフォーマンスを残した選手達を祝福したいです」と、彼は切り出しました。
    「技術的な見地から、特に前半が我々は素晴らしかったです。ミッドウィークのエピックなバイエルン・ミュンヘンで戦を終え、我々が早々2、3の困難を持つのは当然でした。

    「インテルは非常にタフなチームですし、彼らはチャンピオンズ・リーグ出場を得て終わる大きな可能性がまだあります。
    我々のハードワークはここで確実に止まりません。我々は、水曜日の夜にコッパ・イタリア決勝に出るために戦います。
    我々はまだ、来週ミラノで必要な良い結果を得続けるために、全部で3つ争いでトロフィーを狙っている途中です。」

    監督が比較する10月の無得点で終わったサンシーロでの戦いと違い?ファイナルサードでより多く走り、より多く忍耐と精度がありました。

    「今夜は、10月のサンシーロよりも非常に多く早くボールを動かしました。我々は本当に他のチームよりも切り開き、ハードに戦いタイトに守りスペースを消しました。最後に勝利がそこから数えられます。全体として、我々は素晴らしいプレーをしました。」

    選手交代の監督の鋭い起用は、再びビアンコネリが支配する後半で主要となった。今週のステファノ・ストゥラーロの即座の影響を誉め称え、アルバロ・モラタのPKからの2試合での3ゴール目を賛美しました。

    「我々は交代選手がベンチから離れ、試合に入る非常に良い習慣があり、今夜は少しも異なりませんでした。

    他の選手が10試合で戦っている間シーズンの終わりまでに40試合に出場するであろう選手がいます。
    結局のところ、タイトルを持ち上げた私たちと、次点者として終わったチームの間の違いは後者です。」

    全体的に気分の良い夜となったアッレグリ監督ですが、チームには11試合が5年連続スクデットへ立ちはだかっています。

    「我々が今夜勝てたことの全ては勝ち点3を奪いナポリへのプレッシャーを保つということでした。
    フィオレンティーナ戦とミラン戦という2試合タフなアウェイでの戦いが残っており、我々が祝い始める前にしなければいけないフットボール、セリエAライバルとの対戦がまだ残っています。」

    典型的に嬉しく、典型的に現実的です。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK