20.02.2016 00:04 - in: セリエA S

    アッレグリ監督「引き分けは何も変えません。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、金曜日夜のボローニャ戦引き分けに関する考えを試合後に提供。「今夜のドローで、我々がこの期間に成し遂げた物を失っていはいけない」

    注目に値する15連勝の後、スタディオ・レナート・ダッラーラでの金曜日夜のボローニャとの対決は、おそらくマッシミリアーノ・アッレグリ監督のユベントスにとってやり過ぎの1試合となった。

    本質的には、月曜日の夜ミランとナポリの対戦前に順位首位でナポリに対し勝ち点2点のアドバンテージを作ったチームのパフォーマンスと引き分けについて議論し、正確なアッレグリ監督の意見がありました。

    アッレグリ監督にとって、しっかりとし献身的なボローニャに対して得た今夜の勝ち点は、バカに出来ない1点となった。

    「厳しい試合でしたし、驚く事ではないが、ボローニャはかなり高い所で押し上げハードワークし、非常に良い形でチームでプレーしました。」とビアンコネリの監督は切り出しました。「我々は今夜勝ちナポリに対し4点差をつけたかった。しかし、我々は精神的に15連勝から抜け出します。

    我々は立ち上がり上手く戦い、(パトリス・)エヴラの得る事が出来なかったチャンスからゴールキーパーがインターセプトする事が出来なかった(ポール・)ポグバの良いクロスがあったものの、フィニッシュする事はできなかった。」

    金曜日のプレーのより素晴らしい詳細について、ゴール枠への被シュートを1度に抑えたアンドレア・バルツァッリ、レオナルド・ボヌッチ、シュテファン・リヒトシュタイナー、パトリス・エヴラの守備に監督は再び感謝した。

    しかし最後にビアンコネリにとって、ボヌッチが言った事と同じ様に、フィールド反対側での決定的なフィニッシュが不足していました。

    「結束を固め厳しく防御し、ボローニャと同じ様にハードワークするチームとの対戦では、プレーを構築し均衡を破る際強さだけでなく反撃に慎重になる必要があります。

    「良いディフェンダーがいなければ我々は失点したでしょう。この様な試合では一瞬のクオリティで試合が決まり、今夜は残念ながら我々はそれを必要としました。」

    しかし決定的にアッレグリ監督の目線において、10月からのユベントスのマジカルな連勝の終わりがにバイエルンとの来週の対戦前の信頼を変えることはありません。

    監督は結論しました。「我々のシーズンに関して、このドローで変わりませんし、今シーズン成し遂げて来た物を失いません。
    長いアウェイがまだ、リーグ戦にはありますし、今後も簡単な試合はありません。今はバイエルン戦を考える時です。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK