18.09.2016 21:04 - in: セリエA S

    アッレグリ監督「再び地に足をつける」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、日曜日のサンシーロでの2-1の敗北を判断

    日曜日のサンシーロでのインテル戦2-1の敗戦後、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、この夜難しい戦いであったと認め、ビアンコネリの改善の余地を指摘した。

    「インテルは上手く戦いましたし、我々は集中を維持することができませんでした。簡単にポゼッションを失って、反撃されました。
    チャンスを賢明に作りましたが、リードした後勝ち点3へ知識を示す必要がありました。」

    アッレグリ監督は、休みをとるマリオ・レミナに変わり、深い位置でのプレーしたミラレム・ピアニッチの中盤でのプレーにいくつか賞賛を確保します。

    「ピアニッチはひたむきにポゼッションし、インテルの攻撃を分散させるのに効果的でした。レミナは昨シーズン9試合しか先発しませんでした。から続けて多くの試合に起用するのは危険性が多くあると思いました。

    我々がより良くポゼッションをコントロールしなければいけなかった時に、多くのミスをし、急いでしまったという事実が今夜のメインの問題です。」

    前見て、チームが現在、地に足を立てなければいけません。忙しい試合日程へ気合を入れなければいけないとアッレグリ監督は強調しました。そして次の9日間でカリアリ、パレルモ、ディナモ・ザグレブと対戦します。

    「多くの重要な試合が現在迫っていますから、勝利の道へ戻る必要があります。そして求める結果を得るためにピッチで働かなければいけないのを思い起こします。

    我々が十分に成熟した反応をするなら、今日の敗北は悲劇でなくて、実は形を変えた天の恵みになります。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK