01.05.2016 15:21 - in: セリエA S

    アッレグリ監督「決勝に対する関心」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、コッパ・イタリア決勝へのビルドアップにおいて継続的に集中を要求し、新たな勝利と無失点を達成したチームを称賛

    リーグ26試合中、25勝目を挙げホームでセリエA10連続無失点は、日曜日のカルピ戦後マッシミリアーノ・アッレグリ監督のプライド感覚を引き起こしたすべての記録です。

    しかし、歴史的な5連続スクデット・タイトルのセレブレーションの中、2連続2冠達成の機会となるミランとの戦い、ビアンコネリは5月21日にコッパ・イタリア決勝に向け準備をしています。 トスカーナの戦術家がユベントス・スタジアムでの試合終了以ジャーナリストに思いを話しました。

    「私は、勝利と特に無失点に満足します。我々がリーグを既に手にしたと想定すれば、強さを普通のレベルを維持することは簡単でありませんでした。

    ミランとの決勝戦の要因となる最後のリーグ戦2試合へ焦点を増やす必要があり、我々は今日普通の標準ではプレーしませんでした。」

    クラブのマネージメントと彼のポジティブな関係を繰り返し話す間、試合の間の姿勢からサポーターの歓迎に触れたと、アッレグリ監督は認めました。

    「私はそれを本当に評価しますし、彼らが私に見せてくれた暖かさとリスペクトに対して、ファンに感謝します。彼らはスタジアムで本当の12人目の選手です。ユベントスが優れた結果を得るように、我々は一生懸命に動き続けます。」

    試合後にコメントをまとめ、アッレグリ監督は賞賛を有望なチーム・メンバーの数人に確保し、長期レンタルから金曜日に完全移籍となったマリオ・レミナ、ダニエレ・ルガーニとこの日得点をあげたシモーネ・ザザに向かいました。

    「マリオ(・レミナ)は若く優秀です、しかし彼はまだより多くをディフェンスから学ぶ必要があります、彼がつけこむユベントスに適応して、(ダニエレ・)ルガーニは足元のボールで多くの落ち着きを得ました。このようにビッグ・クラブでは普通であるように、ザザは彼の試合を改善するために毎日一生懸命に動き続ける必要があります。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK