01.04.2016 13:00 - in: セリエA S

    アッレグリ監督「最終ストレートへ完璧な集中」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、土曜日のエンポリ戦で代表試合中断から勝利で戻るように頼んだ

    例え残りの試合5試合がユベントス・スタジアムで戦われることになっているとしても、残り8試合で2位ナポリに対し勝ち点3の優位を保つ事はリーグ・タイトルの保証以外のアドバンテージではありません。

    クラブのヴィノーヴォのトレーニング・ベースで土曜日夜のエンポリ戦でのセリエAの戦いへの待ち遠しい復帰をプレビューし正確にビアンコネリのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は見解を共有した。

    そして、33回のチャンピオンの心臓が止まるほどのシーズンはストレートにフィニッシュに向い、監督はこの記者会見でチームにシーズンを決めるために集中をます事を頼むために、この機会を利用し明日の夜へキックオフしました。

    「土曜日の対戦は8試合のミニ・チャンピオンシップの始まりです。」と、監督は切り出しました。
    「我々は、現在ナポリに対し重要だが僅かなアドバンテージがあり、今の5月の間でここに留まり続ける事を確実とする必要があります。言う必要もないが、勝たなければいけません。」

    我々は、失うものが無い非常に整理整頓されたエンポリとの厳しい対決を予想しています。大部分のシーズンでそうだったように、冷静さを保ちスタイリッシュに年を終え、最も重要なのは我々を周りの事を無視する事に集中する必要があります。

    ハードワークが今から始まります。
    我々は今シーズンここまで素晴らしかったです、しかしその後、8試合のリーグ戦とコッパ・イタリア決勝へ多くあだプレーする事があります。」

    予想されるように、ダニエレ・ルガーニが前所属チームに対して戦うのを予想し、この試合のキーマンに成りうるであるパウロ・ディバラとレオナルド・ボヌッチの状況、オフを与えられたディバラと欠場するボヌッチに関して、アッレグリ監督は話す事が出来ません。

    怪我を通してここ数週間、数試合を欠場していたジョルジョ・キエッリーニ、クラウディオ・マルキジオ、ロベルト・ペレイラはファースト・チームのトレーニングに復帰し前記の2人は僅か2人の特定の欠場者です。

    「ルガーニはボヌッチに変わり先発の枠です。ボヌッチはイタリア代表での怪我による欠場でプレーしません。」

    「一方ディバラは明日プレーしそうにありません。キエッリーニはトレーニングに復帰し、残りのグループとともによ良く動いています。それはマルキジオもです。
    ペレイラに関しては代表試合中断でヴィノーヴォに留まったのが彼に良かったし、彼の仕事が現在とシーズン終わりの間で我々に効果的な差を生む事になります。」

    最後に、ヴィアレッジオ・カップ王者となったファビオ・グロッソのプリマヴェーラについて話しました。

    「真っ先に、非常に評判が高いトロフィーを獲得した選手達と監督に関係する全員を祝福したいです。

    選手達は現在良くなり続けていますし、舵を握っている(ファビオ・)グロッソと彼のスタッフの質から非常に安心です。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK