03.03.2016 00:44 - in: コッパ・イタリア S

      アッレグリ監督「学ぶべきレッスン」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、選手達に水曜日夜のコッパ・イタリア準決勝のインテル戦でのPKでの勝利を吟味することを訴えます

      2年連続コッパ・イタリア決勝進出は明るい話題であるが、最終的な結果からフラストレーションを帯びたものとなった、ビアンコネリの劇的なPK戦での勝利後、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は心の入り混じった感情を話しました。

      サンシーロで120分以上の戦いの後、トスカーナの戦術家はメディアにコメントしました。
      「トリノ、ラツィオ、インテルと、トリッキーな相手を破り決勝進出を果たした自分達に私は明確に非常に満足しています。

      インテルは今夜本当に戦い、我々は、彼らのプレッシャーに対し良く対処しませんでした。70分間、我々はゴールが見えませんでしたが、その後、我々はより大きく前線で驚異をもたらし始めました、そして試合の始まりと際めて正反対の戦いをし得点へ多くのチャンスを作りました。」

      挑戦的な戦いの将来への分析へ話題を移し、アッレグリ監督は、3-0のファースト・レグのリードがミラノでの90分で追いつかれた事から多く学ぶところがあり、完全に準備する必要があり、カップ戦では思いがけない事もあると強調しました。

      「今夜のような試合が我々にアドバンテージを確立する事が出来ると我々に教えますし、試合が終わっている事とは意味しません。
      我々は、より良くこの状況を対処し、フットボールにおいて、レフェリーが終了の笛を吹くまで、結果を得るために深く戦う必要がある事を認める必要がありました。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK