11.01.2016 00:01 - in: セリエA S

      アッレグリ「9連勝は偉業です」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マッシミリアーノ・アッレグリはサンプドリアを寄せ付けずリーグ戦9連勝を達成したピリピリとしたジェノバの夜を振り返ります

      9連勝、10月からセリエA順位上昇をユベントスは進行しています。ビアンコネリの出遅れは少しの人しか予測していなかったが、シーズン折り返しで首位ナポリに勝ち点差2点差で2位につけるという注目に値するか活躍をしています。

      サンプドリアと最近素晴らしいフォームにいる自信のチームのルイジ・フェラリスでで今夜の対戦の2-1勝利を反省し、トスカーナの戦術家マッシミリアーノ・アッレグリ監督は選手の努力を信用したが、改善するところがまだチームにはあると強調した。

      「9試合連続リーグ戦勝利を成し遂げることは、並ではありません」と、彼は切り出しました。
      「我々がただ単に良くならなければならなかったので、物の向きを変える事ができたと、我々は思っていましたし、シーズン初めとは完璧に異なる選手がいます。

      個々に選手が成長し始める時、チームは全体として先例に従います。今夜の試合に関して、(アントニオ・)カッサーノのフィニッシュがどんなによかったとしても、我々は逆転されずに試合を終わらさなければいけませんでした。彼に敬意を評します。彼はずっと素晴らしかったです。」

      彼自身のチームのクオリティに話題を移し、アッレグリ監督は特別な賞賛を中盤のトリオに送りました。各々ポール・ポグバとサミ・ケディラのゴールと出場停止のクラウディオ・マルキジオに代わって戦ったエルナネスのプレーは強烈な復帰は確実としました。そして、4バックの前でのエルナネスの有望なプレーに対し特定の敬意を払いました。

      「(エルナネスが)守備の前のポジションで成長し続けることは彼が我々のにとって非常に重要な選手になりますし、私が思うに彼はオフェンスでもディフェンスでも今夜とても良かった。我々がしなければならない試合のコントロールが出来なかったとしても、私はチーム全員のパフォーマンスに満足します。

      ポグバとケディラはラインを破り、ボックスに飛びこむことに優れています、そして、彼らの前で大きく動く(アルバロ・)モラタと(パウロ・)ディバラで、我々は常にチャンスを作りファイナルサードのスペースでフィニッシュします。
      彼らが一緒に流れるように戦えば我々はより良くなります。」

      彼の選手が来週アウェイでのウディネーゼ戦で10連勝を達成するという最善まで監督にはやる事があります。

      「今後は、我々が試合をより良く管理し、戦う必要はない時に無理をしないようにする必要があります。しかし全体として私は、選手達のプレーに満足です。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK