17.04.2016 18:30 - in: セリエA S

    アッレグリ監督「止まらないこと」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、チームの戦いで立ち止まらないよう主張

    パレルモ戦ビアンコネリの4-0の勝利を確信させる最終局面の間、日曜日の夜はそれほど簡単ではなく、チームがパレルモも前半の終わりで得点の機会を与えた事にマッシミリアーノ・アッレグリ監督は指摘した。

    「我々は、前半多くのチャンスを相手に与えました。」とトスカーナの戦術家は切り出しました。「ハーフタイム10分前のプレーの様に、シンプルに居眠りをする余裕はなく、失点を許す事は出来ませんし、より良くシーズンの重要なステージで試合を管理するべきです。」

    本当に、シーズン終わりまで戦うという考えはクラブのDNAの重要な構成要素で、チームの戦いで疑う余地無く5連続セリエAタイトル獲得に必要とする勝ち点7を奪う期待をする必要があるとアッレグリ監督は強調した。

    「我々のスクデット獲得に関して、数字では2勝と1引き分けが必要です。ヨーロッパ・リーグ出場を目指しているラツィオとフィオレンティーナという2チームを前に、アウェイ戦を終えなければならず、タイトルを追いかける他のチームは我々より簡単な対戦をする事について気づいていなければなりません。」

    試合後にコメントをまとめて、チームがより良く冷静に特定の状況を保つ必要があると監督は選手達に思い出させました。この最新の勝利(23リーグ戦22勝1分)は若い才能であふれるチームに対し賞賛の言葉を招きました。

    「抗議での(アルバロ・)モラタのイエローカードは確実に回避出来ましたし、この日2,3のミスもありました。言うなら、このチームに非常なクオリティを誇り、明るい将来があります。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK