16.01.2016 15:00 - in: セリエA S

    アッレグリ監督「止まらない事」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、選手達にシーズン後半もプッシュし続けると言う。「我々は調子良いですが、まだリーグで勝ち点39点しか獲得していません。 私は、今年の争いは最後の最後まで争われると確信しています。」

    ウディネーゼに対して日曜日に10連続セリエA勝利を達成し良い調子を広げるため、ユベントスは栄誉にのることができないと、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は言います。

    サンプドリアに対する先週の勝利はちょうど首位ナポリに対し勝ち点2点以内に灼熱したビアンコネリを置いたが、ウディネでのシーズン後半戦キックオフからより多くの紆余曲折があることを、アッレグリ監督は確信しています。

    ユベントス・センターでメディアに話しました。「我々は調子良いですが、選手のおかげで重要な進歩がありました。しかし、勝ち点39点ではタイトルを奪いません。あと19試合がありますし、私はタイトル・レースが最後の最後まで争われると確信しています。

    理屈ではナポリはそのままタイトル本命です。彼らはリーグ首位で、印象的なゴール率を誇るイグアインという選手を備えています。

    しかし、全部で5チームがタイトル・レースを争う事が出来ます。それはローマも含み、彼らが数試合で勝利をつなぎ合わせるなら戻る事が出来ます。」

    今シーズンのタイトル防御はウディネーゼ戦のホームでの1-0対戦のショックで始まり、アッレグリ監督が新しい時代の夜明けのウディネでサポートされるチームの脅威を過小評価していない事を意味しています。

    対戦相手についてコメントしました。「ウディネーゼは適切な調子にあり、明日彼らの新しいスタジアムをオープンします。彼らにとって重要な日ですし、モチベーションは高いです。」

    マリオ・マンジュキッチの怪我からの回復が確実に先発にし、アンドレア・バルツァッリ、ロベルト・ペレイラ、マリオ・レミナの治療にかんするそれぞれの状況の良い知らせについて話した。

    「全選手が良いフィジカルのフォームです。バルツァッリはラツィオ戦後に戻ります。ペレイラはローマ戦後です、レミナは数日で戻ります。
    彼らがアサモアとカセレスの様にフレッシュに復帰しますから、私は幸せです。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK