26.01.2016 12:37 - in: コッパ・イタリア S

    アッレグリ監督「1試合ずつ」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    監督はは、明日のコッパ・イタリア準決勝1回戦をプレビュー「我々の現在の全焦点は、コッパ・イタリアです。私は、インテルが動き結果を出す為にハングリーに戦うと思っています。」

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、3つの各々の競争でタイトルを得る努力を続け、ユベントスが熱意を集中に変えなかればならないと言います。

    セリエAで11連勝を達成し、先週のコッパ・イタリアベスト8でのラツィオ戦勝利でビアンコネリは国内2冠へ向かいます。しかし、2試合戦われる準決勝での対決はインテルと明日キックオフとなり、アッレグリ監督はチームへ地に足を付ける事に熱心です。

    ヴィノーヴォで対戦をプレビューします。「我々は最近良く働きましたし、全ての選手の調子が良いです。
    我々は自分自身が既にして来た事について考えるのを許してはいけません、その代わりに、我々は試合の原則を得る必要があります。

    まだ何も達成していませんから、我々はこの熱意を頭にいておかなければいけません。今のところ、我々はコッパ・イタリアに集中します。そして、それは走る我々の最初の目標です。」

    ユベントスの決勝までの間に、セリエAで勝ち点2点差ここ数週間で9点を得て来たタイトルへ少し足踏みをしたインテルとの対決となります。

    しかし、アッレグリ監督は、ロベルト・マンチーニ監督のチームを過小評価してはならないことについて頑で、この2試合でビアンコネリが勝ち続けることへサポートしています。

    「私は、インテルが困っているとは言いません。彼らはタイトルを追いかけていますし、彼らが結果を出す為にハングリーになっていると思っています。これは厳しい試合ですし、180分で最終的な結果を決めますから1回戦だけであることを忘れてはいけません。」

    180分プレーするコッパ・イタリアと多くのセリエAの対戦予定へ、明日の晩の先発メンバーの変更についての質問をアッレグリーは避ける事ができません。

    選手について尋ねられ、サミ・ケディラが日曜日のローマ戦で「激しい」90分を戦い、欠場するが口を堅く閉じたままだったことを、監督は確認しました。

    「変化はあります。ケディラは日曜日にプレーしたので欠場しますし、私は今週末の試合前に彼を休ませたいです。
    私はエルナネスも調子がいいと見ています、イエローカードの(クラウディオ・)マルキジオもです。

    (ファン・)クアドラードは、非常によくやっています。彼は、身体的にも技術的にも、そして、術的に良くなりました。彼は試合でクオリティを持つ方法を知っていて先発でもベンチスタートでも出来ます。彼が明日先発するという可能性はあります。

    (ポール・)ポグバはウディネーゼとの試合に出ませんでしたが、私は明日決めます。(クワドォー・)アサモアはプレーする準備ができています。(パウロ・)ディバラですが、私は同じ選手と一緒に必ずしもプレーする必要はありません。
    我々ができるだけ多くの試合に勝たなければならないので、チームをフレッシュにしておく必要があります。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK