12.03.2016 00:03 - in: セリエA S

      アッレグリ監督「全体的に満足のパフォーマンス」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、ユベントス・スタジアムでのサッスオーロ戦1-0の勝利で、選手達のパフォーマンスを称賛

      パウロ・ディバラの驚きゴールは最終的に金曜日夜のユベントスとサッスオーロの差を作ったが、90分間で多くのチャンスがあり選手達がより大きな差をシンプルに得る事ができたかもしれないと、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は認めました。

      トスカナの戦術家はコメントしました。「我々は2点目を奪えませんでした。それは終盤の頑張りがわずかだったという事を意味します。しかし私は全体のパフォーマンスに非常に満足しています。

      また、ライン上の我々を応援し助けてくれたファンの方々に感謝します。そのような12人目の選手がいるのは大きな貢献になりますし、同様に選手達はフィールドの外であらゆる手段を尽くす必要がありますし、私はそれを非難する事はできません。」

      チームのセレクションを分析し、アッレグリ監督は後半交代出場のポール・ポグバに当然の休息があったと認め、数回の印象的な優れたパフォーマンスは、ディバラの試合を決めたプレーと同じ価値があり賞賛した。

      「私は、ポグバにオフを与える事を判断しました。彼は最近多くプレーしていました。しかしアサモアは後半大きな変化を入れました。
      私には良く深さのある強いチームがあり、全員の調子が良いです。

      ルガーニは今夜、見事にプレーしました。彼はサンシーロでの試合後それを必要としていました。彼には素晴らしいキャラクターがあり、バックからボールを運ぶという観点から上手くやりました。彼にはまだ改善すべき所があります。しかし、今夜のパフォーマンスは自己信頼を高めるために多くを戦いました。」

      セリエAの歴史上で無失点記録を凌いだジジ・ブッフォンについてコメントします。「私はジジに関して嬉しいです。彼の驚異的なキャリアから来週のダービーでこの記録を破るのが合っています。」

      現在バイエルン・ミュンヘンとの水曜日の遠征へ注意が変わり、アッレグリ監督はバイエルンでの挑戦へ止まる余地はないと強調した。その一方でスタディオ・オリンピコでのトリノとの次週末の興味深いダービーの重要性を見失いませんでした。

      「バイエルンの強さは彼らのボールをコントロールする方法です。我々はこの瞬間にしっかりと立ち、頑なにディフェンスする必要があります。そして我々は彼らの弱点を突き攻撃をします。

      この対戦後、我々はタイトル・レースに重要なダービーに備える必要があります。ナポリとローマはこれからは多くの勝ち点を失いません。我々は試合の上にいる必要があります。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK