07.02.2016 18:18 - in: セリエA S

      アッレグリ「忍耐が結果を挙げます」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、土曜日の2-0での勝利は堅実で好戦的なフロジノーネ守備陣を分析したチームの後半の寛容さを信用した

      雨が振り、情熱的な観客とタイトでコンパクトなグラウンドは、今シーズン既にいくつかの他のアウェイ・チームを好戦的でねばり強いホームでの守備で負かしてきました。

      リーグ戦14連勝を確実にする全員に必要な事?それは忍耐です。
      今シーズン初めて、ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は自分自身がタッチラインで落ち着きを説いているのに気づかなかず、チームはねばり強いフロジノーネに対して後半ゴールを奪いました。

      スタディオ・マトゥーザのトンネルで試合後の分析を提供しコメントしました。「我々はリードするために、前半に十分ではありませんでした。早々に2度のチャンスを作った後、ほぼ自分達が自由に試合を進める事が出来るのを感じたかの様でしたが、その後、我々は急ぎ、集中が止まりました。

      この様な試合において、早くにゴールを挙げる事が出来なければ、自分自身が本当の戦いに入る事に気づく事が出来ます。なんとか広いエリアで後ろに下がる事ができ、それからのゴールを得る事ができたので、ハーフタイム後は我々はより良かった。

      しかし、賞賛はフロジノーネへ送らなければいけません。彼らは特にバックで上手くプレーしました。」

      更なるアウェイでの成功墨名の後、アッレグリ監督は、ホームでのナポリとの土曜日の対戦前に、トリノ準備を1週間行ないます。

      アッレグリ監督にとって、9月下旬にビアンコネリに勝利したリーグ首位との対決は、今シーズンで最も大きな試合の1つを意味するが、リーグ・タイトルの行方は、まだ決定しません。

      「我々が知る必要がある最初のものは、休み、集中を取り戻し落ち着いて、ナポリとの土曜日の試合へ働き始めることです。

      素晴らしい試合だと言う事に疑いはありませんが、まだ多くプレーする点がある今シーズンの子のステージではリーグ・タイトルの運命を決定する試合ではありません。

      我々は週の間でグラウンドを走り、最高の状態で週末に近づくことを確認する必要があります。ナポリは調子が良いです、しかし、私は選手達は仕事をしっかり行なえる確信があります。」

      タイトル・レースは続きます…

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK