19.04.2016 13:00 - in: セリエA S

      アッレグリ監督「勝ち点7を主張」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      厳しい挑戦となる、ラツィオ戦、フィオレンティーナ戦へ、監督は選手たちが目標を達成すると考える前にしなくてはいけない多くのことがあると主張

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は選手達にユベントスとスクデットの間の勝ち点7を奪い、翌日のユベントス・スタジアムでのラツィオとの対戦で最初の勝ち点3を奪うよう訴えた。

      マスコミの多くが、今シーズンのリーグ・タイトルの運命は必然的結果と既に考えているが、終了を考える前にビアンコネリが超えなければいけない2つの大きなハードルがあるとアッレグリ監督は指摘した。

      しかし、チームのタイトル・プッシュを議論する前に、トスカーナの戦術家の最初の考えは、悲しいことに日曜日4-0で勝利したパレルモ戦での前十字靭帯断裂クラウディオ・マルキジオへの言葉でした。

      クラウディオ・マルキジオ

      「私は昨日クラウディオと話し、彼は状況を与えられリラックスしていました。重傷ですが、ポジティブな関心もあります。夏に完全回復し9月には復帰できることができるでしょう。」

      7点とカウント

      「我々は、スクデットへの数字として確実に勝ち点7が必要です。出来るだけ早く勝ち点7を得ることが不可欠です。
      2つ厳しい試合があります、特に重要な時です。」

      仕事を終わらせること

      「たとえパレルモ戦を4-0で勝利したとしても、我々は試合を管理する方法でミスをしました。リードした後に、少しスイッチを切り、集中が切れたところで苦しみました。」

      ラツィオ戦を見て

      「我々は新しい監督を迎えたラツィオとの対戦に直面しています、彼らは上手くやっていて、失点することなく連勝しています。次の日曜日のフィオレンティーナと同じくヨーロッパ・リーグ出場を狙っています。」

      チーム・セレクション

      「私は、明日チームを判断する必要があります。レミナかエルナネスの両者はディフェンスの前でのプレーを争います。
      呼ばれれば2人とも調子が良く、明確な貢献をします。さらに前で、我々はポグバ、ケディラ、アサモア、ストゥラーロのうち2人が共に戦い、全員が出場可能です。ペレイラに関して彼は木曜日にグループに戻ります。彼のリスクを冒すことは、意味がありません。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK