25.04.2016 00:20 - in: セリエA S

    アッレグリ監督「壮大なチームの強さ」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、フィレンツェで日曜日の勝利後、絶えず増大する成熟の最新の証明を考え、ビアンコネリを称賛

    チャンピオンの印はプレーとは裏腹に試合に勝つ事ができるという事です。そして、それは正確にスタディオ・アルテミオ・フランキで最大の勝ち点を勇ましいフィオレンティーナから奪う為ユベントスが深く戦った時に日曜日の夜に起こった事です。

    フィレンツェで終了の笛後にコメントした、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は認めました。「とても強いヴィオラに対し今夜ここで勝つ事は決して簡単ではありませんでしたし、彼らは同点へ十分得点チャンスを引き起こしました。

    「我々は前半タイトに戦い続け、相手の脅威を最低限にし攻撃し続けました。そして失点するまでハーフタイム後も良く守っていました。この点から、我々は後半からフィオレンティーナによってよりしばしばリスクを冒しました。試合は、終了の笛まで絶対に終わりません。」

    当然、アディショナルタイムにニコラ・カリニッチのPKを止めたクラブ・キャプテン・ジジ・ブッフォンの終盤のヒロイックなプレーが無ければ、結果は簡単に非常に異なる事がありえ、ゴールキーパーの最新の印象的なパフォーマンスは監督によって特別な賞賛を受けた。

    「ブッフォンは、このクラブの本当の護符です。彼の言葉は、他のどのチーム・メンバーよりも大きく重要です。我々にはそれほど多く重要な選手がここにいます。大きな総体的な強さが、このチームにあります。」

    現在ユベントスのチーム間で並ぶクオリティの配列を考慮し、バイエルン・ミュンヘンとの先月の劇的なベスト16後、チャンピオンズ・リーグで更に恐るべき勢力へ熟し続ける事をチームを求めたので、アッレグリ監督は積極的に将来見ざるを得ません。

    「もちろん、我々はミュンヘンでの試合に失望し、そこでごく僅かな細かい所で最終的に決まったビッグマッチを戦いました。2試合での我々のパフォーマンスは成長ともう1つの前進を意味しました。

    次のシーズン、このチームがコントロールの優れたサポートで、ヨーロッパで再び上手く戦えると私は確信しています。
    しかし、その為に我々はボールを扱う方法とポゼッションしていないときにプレスに抵抗する方法に関しより良くなる必要があります。」

    しかし、次のシーズンについて考える前に、ピークの状態で5月21日のミランとのコッパ・イタリア決勝戦へ足を止めない様にトスカーナの戦術家は強調した。

    「明日、我々はトレーニングに戻ります。火曜日はオフです。そしてカルピ戦に備えます。我々は、強さを減少させる余裕がありません。迫り来る重要な決勝戦がありますし、そのために最高の形でいたいです。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK