23.04.2016 13:00 - in: セリエA S

    アッレグリ「フィレンツェで狙う勝ち点3」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、日曜日夜のフィオレンティーナ戦で最大の勝ち点を得る様ビアンコネリに要求した

    数学が明確にします。残りの対戦日程、ナポリの結果に関係なく、ユベントスは歴史的な5連続スクデットを手にするためにあと勝ち点4が必要です。

    週末の最新の戦いに向かい、日曜日夜に5位フィオレンティーナに勝利するために最善で戦う必要があると認め、スクデットを獲得への勝利を主張する様、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は選手たちに訴えました。

    「我々は今、何にも勝っていませんし、勝ち点3をトリノに持ち帰るためにフィレンツェへ向かいます。勿論、我々はそれが簡単でないということを知っています。フィオレンティーナは全てを持ち、ヨーロッパ・リーグ進出を決めましたし、彼らは特に明日、強力になります。

    「フィオレンティーナとの戦いは、非常に厳しく激しい戦いになることを予想することができ、彼らは今シーズンのセリエAで試合の最初の30分でゴールを奪う記録を持つチームです。」

    スタディオ・アルテミオ・フランキで日曜日の対決へ注意をチーム・セレクションに向け、数人の選手に関して後程判断するとしたが、アッレグリ監督はジョルジョ・キエッリーニの出場の可能性を除外しました。

    「キエッリーニは調子が良いですが、少しのリスクを回避するために明日は出場しないだろう。
    今日のトレーニング・セッションの後、(シモーネ・)ザザ、(アルバロ・)モラタ、(マリオ・)レミナと(クワドォー・)アサモアがプレーするかどうかを判断します。

    「同様に、私は(サミ・)ケディラを後で呼び出しをします。彼がこの期間の3試合で大きなポジションを占めていないというのは本で、彼がパレルモとラツィオに対して2試合で全てをプレーしているわけではありません。私は、彼がフィレンツェで先発するかどうかを見ます。」

    記者会見のまとめに、次の季節の抱負を見失わず、5月21日、ミランとのコッパ・イタリア決勝へ、現在のシーズンの大きなプレーを残すことが重要でチャンピオンズ・リーグでの継続した改善に関してもアッレグリ監督は主張した。

    「我々は、全員が来月フィジカルでもメンタルでも素晴らしい形で決勝戦に臨むことを確認する必要があります。
    現在はよく見えています、しかし、強さをこのシーズンの期間で落ちる余裕を持つことはできません。

    次のシーズンに関して、我々はイタリアで主要な位置を維持するためにハードワークする必要があります。しかしヨーロッパで再び強く戦うことが特に重要です。各自が成長して、発達し続けるために常により多くを自分自身に要求し続ける必要があります。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK