17.01.2016 18:33 - in: セリエA S

    アッレグリ監督「我々は、勢いを維持しなければなりません」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、ウディネーゼ戦でのリーグ戦10連後に、チームにこれに心を奪われないことを訴えます

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督はセリエAでユベントスの10試合連続勝利を指揮したかもしれませんが、トスカーナの戦術家は全体としてシーズンの前後関係での妙技を見る事を好みました。

    ウディネーゼに4-0で勝利した後メディアに話しました。
    「我々がここ数週間で2回トリノでプレーするだけでしたが、今日再び勝つことが非常に良い兆候でした。
    我々の素晴らしいプレーを残した選手へ信用があるが、我々は重要な事は5月16日にどうなるかですから、油断せずにする必要があります。」

    シーズンの出遅れ後の調子の好転の理由を尋ねられ、アッレグリ監督は説明しました。
    「私はマルキジオとケディラ無しで戦っていました、マンジュキッチも最初の2ヶ月間怪我の問題がありました。そして、残りの選手達は現在のレベルでプレーしていませんでした。

    前シーズン後、現在のシーズンへピークに達するのに若干の時間が必要とする危険が常にありました。
    我々が彼らの唯一のコーナーキックから失点した時、若干の不運な事件、例えばフロジノーネ戦の引き分けなどもありました。
    しかし、当然、我々はあまりにも多くのことをしておりその期間に起きた事はほぼ予測可能でした。」

    現在もちろん、アッレグリ監督は、非常に違う状況におり、チームの深い強さは、ポール・ポグバのダチア・アリーナ・フリウリでの息抜きを与え彼を有効にする事になり、ポグバは19試合で18出場してきました。

    「彼はこの期間ここまで殆どでプレーし、私は彼に休みを与えたかった。アサモアのフィジカルは現在良い形ですし、今日出場し多くの人とプレーしたルガーニもです。私は非常に幸せです。」

    監督は断定します。「私は現在、皆のフォームとフィットネスに十二分に満足していますし、チームの誰でも外す事は非常に難しいですが、我々は試合を3日おきにしているとすると、チームに深さを持つことが重要です。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK