03.11.2016 00:01 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      アッレグリ監督「我々はより上手くボールを扱わなければならなかった」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      監督は、ユーヴェのリヨン戦1−1の引き分けを分析します。「まだ首位で終わるチャンスがありますが、最終的に多くのプレッシャーと共にあります。」

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、水曜日夜のリヨン戦で後半のユーヴェの劣った試合管理から勝ち点3を最終的に犠牲した事を話します。

      「我々は前半に上手く戦いましたが、ハーフタイムあと落ち着きすぎました。」と監督は試合後に話します。「我々が落ちリヨンが付け入りました。

      あまりに多くをプッシュしようとしました。勝利が狙いでしたから、そうするべきではなかった。

      「バックでもう少しより丁寧にプレーできていたなら、問題はなかったでしょう。試合をよくコントロールしていたが、失点しカウンターを受けました。それは、我々が取り組まなければならない何かです。

      リヨンが同点にした後にも終盤多くのプレスを受けました。もし2失点していたら、予選通過への深刻なリスクになったでしょう。常に1時間に300kmプレーする事はできません。」

      しかし、アッレグリ監督もも、より大きなマインドを留めておくことの重要性を指摘しました。

      「今夜チャンピオンズ・リーグを獲得するわけではなく、次の勝負があります。決定的夜は3月です。

      シーズンの異なる段階で何が重要か理解する必要があります。現在最も重要な事は結果です。ここから、自分たちのプレーを進歩し続けなければなりません。

      これは、悪い結果でありません。我々がまだ、グループステージ突破へ1位になる良い立場であると意味します。今我々はセビージャに勝利する必要があります。」

      最後に、日曜日のキエーヴォとの戦いへ監督は厳しい試合量の終わりを呼びかけました。

      「まず第一に、我々は数人の重要な選手を取り戻さなければなりません、キエーヴォに対し可能な限り最高の形でこの忙しい月を終えることに集中する必要があります。

      ヨーロッパで最も重要なことは、ユーヴェが次のラウンドへ通過するという事です。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK