05.03.2016 14:40 - in: セリエA S

      アッレグリ監督「勝つ事が一番大事です。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      監督は明日のアウェイ、アタランタ戦をプレビュー:「我々はナポリに対しアドバンテージを維持する必要がありますし、勝利が維持に繋がります。」

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、ベルガモで日本時間23:00キックオフのアタランタ戦で勝ち点3を奪う事で下位チームに対して優勢を保つようにチームに訴えます。

      最後の数週間で多くの人に「2チームの競争」と呼ばれていたが、フィオレンティーナに4-1で完璧な勝利を挙げたローマの最近のフォームは物は、セリエAで7連勝を作ると、彼らの7連続セリエA成功を作ろタイトル・レースから外れる事はありません。

      したがって、ビアンコネリが勝利をする事が、2位ナポリと甦るローマに対しアドバンテージを維持する唯一の方法です。アトランタの挑戦はシーズンが交差する重要なフィニッシュへのハードルとなります。

      ヴィノーヴォでメディアへ対戦をアッレグリ監督はプレビューしました。「アタランタはホームで良いフットボールをし、我々に対し困難を与えます。我々はナポリに対しアドバンテージを維持する必要がありますし、我々が唯一必要なのは勝利という結果です、それを我々はできます。

      ローマには連勝を続ける可能性があると、私は言いましたし、正確に起こっています。
      我々には彼らに勝ち点5のアドバンテージがあります。そして勝る5点の利点があります。トリノでの彼らに対する勝利がどれだけ重要だったかを示します。」

      ユベントスは、10月のトリノ戦後イタリア国内で無敗で戦ってきて、サンシーロでの3-0で敗北した水曜日のコッパ・イタリア、インテル戦から日曜日の試合にアプローチします。

      ロベルト・マンチーニ監督のチームからの敗北を分析する時、アッレグリ監督は哲学的でした。そして、素晴らしい5ヵ月の上昇から離れず大局的な集中する事を選びました。

      「21試合不敗後、メンタル的な見解からの好ましい敗北でした。我々が決勝に達する目的を達成したとすると、痛みの無い物でもあります。我々はミラノで120分プレーし150/60kmを走りました。我々は調子が良いです。」  

      監督は、まだスタディオ・アトレティ・アズーリ・ディターリアでの戦いへ先発メンバーを判断していないが、戦うために誰が出場するか関係なくストライカーを支持していることを認めた。

      「私は、まだ我々がどのようにベルガモで戦うかを理解する必要があります。全て我々がバックを3人か4人にするかどうか次第です。
      我々のストライカーに関する限り、4人全員が今シーズン見事にプレーしていますし、彼らが我々がスクデットを獲得へ必要なゴールを奪ってくれることを、私は確信しています。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK