24.02.2016 00:22 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    アッレグリ監督は、頑ななプレーを分析

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は火曜日チャンピオンズ・リーグ、バイエルン・ミュンヘンとの引き分けでポジティブな要素を戦う遂行能力の改善の余地を確認した

    古い決まり文句の様に、フットボールには、二つの”ハーフ”があります、バイエルン・ミュンヘンとの今夜のチャンピオンズ・リーグでの戦いの場合プレーされた2ハーフは、かろうじて大きく異なることになり、2つのゴールからリターンレグへビアンコネリは同点に持ち込みました。

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督はチームの全体のパフォーマンスをまとめコメントしました。「我々は、最初の45分もじっくり検討し、きちんと分析する間、後半に大きく得る必要があります。

    我々は前半技術的な見地からより良くプレーする機会がありましたし、いくつか先制点のチャンスを作りました。しかし、我々はプレッシャー下でこれを利用することができませんでした。

    特定の期間に、相手は我々のハーフに10人選手がおり、彼らの攻撃に対し賢明に保ちました。ボールを取り戻し、スペースを攻撃するのにより得意である必要がありました。」

    バイエルンの55分のアリエン・ロッベンの55分のゴールの後チームの運命を変えた事を説明する際、答えはハーフタイム前に不足していた大きく自由にプレーするということだとアッレグリ監督は認めました。

    「我々はピッチで高くプッシュする余裕があります、時折バックで1対1の危険を冒す事がありますが、この様な状況で対処することが出来る信頼できるディフェンダーがいるので余裕を持つことができます。

    彼らの気が緩んだ時、我々は自身を持って、プレスを高くしかけバックラインでより少ないディフェンスでプレーしました。

    これで我々は得点機会を多く引き起こす事ができましたし、我々のより心を開いたアプローチは最終的に報いられました。」

    3週間後のベスト16セカンド・レグの戦いの前に、アッレグリ監督とチームは注意を国内での戦いに向けます。しかし、複数の戦いの為に今夜のプレーの最高の瞬間集中するよう、トスカーナの戦術家は選手達に訴えました。

    「インテルとのリーグ戦と決勝へのコッパ・イタリアでの戦いに我々は戻ります。今夜の戦いは我々がシナリオに疑問を呈する際に適切なレベルで戦えるかどうかのテストになり、我々がシーズンの残りへ我々の多くの信頼とパフォーマンスは我々を満たします。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK