13.08.2016 23:21 - in: 親善試合 S

    アッレグリ監督、エスパニョール戦を分析

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、土曜日モデナでのエスパニョールとの2-2の引き分けというチームのパフォーマンスを見直します

    土曜日の夜、エスパニョールとの2-2の引き分けに持ち込むため、二度のビハインドから追いついた選手達を見た後、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、ポジティブな引き分けと2016/17シーズンへのプレシーズンマッチ5試合目でビアンコネリの改善の余地は明確にした。

    「今夜の試合で選手達は良いワークアウトを果たした。」と、トスカーナの戦術家は始めました。
    「我々はバックの集中において2、3のミスをしました、しかし、我々はなんとか巡ってきたチャンスを利用することができました。」

    後半の始まり、ゴンサロ・イグアインとマリオ・マンジュキッチ後にパウロ・ディバラを配置し、アッレグリ監督は同時に3人のストライカーを起用しました。
    このシステムが長期的に機能することができると思うかどうか尋ねられて、49歳は話します。「これはアイデア、しかし確実に目的が果たせるかは良く解りません。彼らにはこのようにプレーできる質があります。我々の大きなアドバンテージとしてライン上でプレーできる数人の選手がいます。」

    ピッチを下り、ミッドフィールドでの役割に関しアッレグリ監督は深い新発見、主に落ち着いたパフォーマンスを残したミラレム・ピアニッチを賞賛します。

    「ミラレムは、トップ・プレーヤーですし、彼がディフェンダーの前のポジションで世界最高の1人になることができると思っています。彼はただパスをすることを学ばなければなりません。フィールドでこのエリアで典型的なことです。」

    水曜日にヴィラール・ペローサでクラブのプリマベーラと親善試合を行い、アッレグリ監督は、次の土曜日のセリエA開幕戦フィオレンティーナ戦へ、新シーズンへ先読みをし戦いの重要性とトラップを強調しインタビューを終えました。

    「我々は、他のチームと同じように勝ち点0で始まります。勝ち点90に到達するには30試合に勝つ必要があり、毎日多くのハードワークが必要です。昨シーズンの驚くべき逆襲の様にタイトルへ向かいます。」

    監督はまとめます。「今年、我々はより良くシーズンを始める必要がありますし、厚かましくなく十分に謙虚でなければいけません。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK