23.07.2016 14:20 - in: Tour - Field S

    アッレグリ監督、メルボルン戦を分析

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、メルボルン・ヴィクトリーとの親善試合後、ビアンコネリのために「良い勝負のつけ方」に関する考えを提供

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、ビアンコネリが土曜日のメルボルン・ヴィクトリーとの親善試合でPKで負けるも、チームがオーストラリアと香港でのプレ・シーズンツアーの進行で進歩している方法に満足していると認めた。

    「私は、我々がここメルボルンでのトレーニング方法に満足しています。」と監督は切り出しました。
    「今日、我々は試合を通して明確に戦っていました。より上手くプレーすることもできたが、選手にとって良い勝負のつけ方となった。」

    アッレグリ監督は、ケヴィン・マスカット監督のチームとの対戦で出場しなかったミラレム・ピアニッチ、メディ・ベナティア、ロベルト・ペレイラに関して明らかにし、火曜日のトッテナム・ホットスパー戦への出場できるようになるでしょう。そしてハーフウェーラインの前からのカルロス・ブランコ・モレノの見事なシュートでチームに先制点を導いた若手選手達に特別な賞賛を送った。

    ディフェンダーの息をのむような先制点に関してアッレグリ監督は以下のようにコメントしました。
    「彼には優れた足がありゴールは本当に非常に素晴らしかったです。

    我々はむしろ終盤でナイーブな状況を認めたが、全体的に見て、我々のチームの若手は後半非常に良くプレーしました。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK