25.07.2016 10:00 - in: Tour - Field S

      アッレグリ監督とベナティア、トッテナム戦テストをプレビュー

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マッシミリアーノ・アッレグリ監督とメディ・ベナティアは、メルボルンでのトッテナム・ホットスパーとの火曜日の親善試合前に考えを共有します

      土曜日のメルボルン・ヴィクトリー戦を受け、ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、選手達にとって試合が良い準備運動になったと言い、ビアンコネリは、メルボルン・クリケット・グラウンドでトッテナム・ホットスパーとのオーストリアでのインターナショナル・チャンピオンズ・カップ2試合目でシーズン前の調整を次のレベルへ持って行こうとしています。

      2日前のメルボルン・ヴィクトリー戦で試合に出場しなかったミラレム・ピアニッチ、メディ・ベナティア、ロベルト・ペレイラ。
      アッレグリ監督は、経験豊な3人を明日、昨シーズンプレミア・リーグ3位のチーム相手に起用し試合で大きなポジションを占め、ヴィクトリー戦とは異なる課題を選手に提供するだろうと明らかにしました。

      「明日、ピアニッチ、ベナティア、ペレイラの3人はプレーします。」と、アッレグリ監督は切り出しました。「我々は、おそらく4バックで左にアレックス・サンドロ、右に若手を起用するでしょう。

      開始の笛から出場する誰にでも多く出場時間を与えようとします。我々の準備に連続性を与えるという観点から、ヴィクトリー戦とは異なる我々にとって重要なテストを行ないます。」

      トッテナムとの火曜日の親善試合をプレビューする事において監督に加わったのは、新加入のベナティアです。9日前にバイエルン・ミュンヘンからレンタルで加入し即座に新しいクラブと共に激しさの中で恩恵を受けた事を認めました。

      「私は良くトレーニングを受けていますし、プレーする準備が出来ています。」モロッコ代表ディフェンダーは話しました。
      「明日の試合を扱う最高の方法は、これがリーグ戦の様にアプローチする事です。トッテナムはトップ・チームですし、プレミア・リーグで素晴らしいシーズンを過ごし多くのクオリティをチームに持っています。

      私達がその勝利を得る感覚を維持し、あらゆる戦いで勝利を狙うためのシーズン始まりへ好調になるという観点から、このような試合は重要です。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK