20.05.2016 18:03 - in: コッパ・イタリア S

    アッレグリ監督、大きな試合内容を求める

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    監督はローマでのミラン戦、コッパ・イタリア決勝戦へ目を向けます。「我々は偉大なチームに値する、粘り強いパフォーマンスを行なう必要がある。」

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、ビアンコネリが明日ローマのスタディオ・オリンピコでコッパ・イタリアの栄誉へミランを倒すならば全力で戦う必要があると言います。

    チーム・セレクションでの思いもかけない事は無いとする間、誰がセンターで一列に並ぶか尋ねられ、トスカーナの戦術家は、このカードを隠す事に決め、特定の先発としてポール・ポグバの名前のみ明らかにした。

    チーム・シートの名前に関係なく、勝つ事がユベントス・フットボール・クラブを定める基本的な主義で、翌日のシーズン最後の戦い後、努力をこの先長くクラブの軌道上へ維持する為に再び集中させ戻る事をアッレグリ監督は確信しています。

    以下が首都での監督記者会見の引用です。

    断固としたパフォーマンス

    「我々は戦いの準備ができているACミランと直面し、試合に勝ちたくてたまらないです。
    我々は厚かましいく表面的な事は出来ません。偉大なチームに値する粘り強いパフォーマンスが必要です。」

    チーム・セレクション

    「驚きはありません。3人のディフェンダーがいますから彼らがプレーしますし、ディバラとマンジュキッチが多分先発だと言えます。
    モラタとザザもこの試合でインパクトを持ちます、彼らは今シーズンずっとそうしてきました。

    「ポグバは別として、中盤で誰がプレーするべきか、私はまだ決めなければいけません。
    その他の2つのポジション、ディフェンシブ・ミッドフィールダーと右サイドセンター・ミッドフィールダーはまだ決まっていません。」

    勝利の伝統

    「勝つことは常に我々の狙いですし、我々は栄誉に決して甘んじません。
    明日の試合後、結果に関係なく動き、目標への準備が出来ているオフから、我々は戻ります:
    6度目のスクデット、チャンピオンズ・リーグ、コッパ・イタリアです。」

    法王と

    「私は、我々が今朝、法王と催した会合を決して忘れません。それは、永遠に私の所にとどまる何かです。我々全員、ローマ教皇と観衆がおり非常に運がよかった。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK