13.02.2016 23:57 - in: セリエA S

      アッレグリ監督は、リーグ首位でユーヴェに冷静さを呼びかけます

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は土曜日夜ナポリ戦のチーム15連勝で最も厳しくおそらく貴重な勝利を考察。

      ユベントス57点、ナポリ56点。

      この期間初めてではないですが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、土曜日夜のナポリ戦1-0の勝利後の喜びの正しい理由をメディアに述べる為にホーム・ロッカールームから登場しました。

      そこで、15試合で11位順位を上げ、首位に戻ったというアッレグリ監督の試合後のインタビューには重要な違いがありました。

      シーズンで最も重要な結果の1つであることを理解し振り返り、ビアンコネリの監督は、ユベントス・スタジアムの夜のプレーを分析することにおいて冷静でチームの強いパフォーマンスを正確に誇りに思いました。

      「順位表の1位と2位のチーム間の文句無く非常に堅実な対戦でした。」と、切り出しました。
      「ナポリは非常に良くボールを保持し、(レオナルド・)ボヌッチの前半ブロックが無ければ、失点していました。

      この様な種類の試合は一瞬で決まる事がしばしばあり、実際に今夜起きました。今日勝つことは、決して直接的ではありませんでした。首位に立つ事は非常に重要ですがまだ13試合があります。

      全体として、我々は本当に主導権を握りプレーし、最高の方法で試合をコントロールしました。」

      アッレグリ監督にとって、首位であったマウリッシオ・サッリ監督のチームから主導権で圧倒することは、ユーヴェの容赦ないファイティングスピリットの最新の実証と選手達がリーグ・タイトルの本命と考慮されるに値する、多くの徴候の最新のものでした。

      「我々の判断と、タイトルへの資格は今年、本当に挑戦となり、12位からの反撃をしたチームは大量の謝辞に値します。
      このような結果は、モチベーションにも大きく、グループとして成長に関わります。」

      シーズンの終わりにチャンピオンになる最も深いチームであるという事を、ベンチから交代で入ったスーパーサブのシモーネ・ザザの重要な関わりが集中を再び証明した。

      「チームの試合ですし、今シーズン、ベンチからの選手で差を生みます。シモーネのような選手が試合の後半で戦える性質を最大限に活用するという事は私次第です。」

      アッレグリ監督の選手にとっての次? 痛む身体からオフをはさみ、金曜日のボローニャ戦、次週水曜日のバイエルン・ミュンヘンとのチャンピオンズ・リーグの対戦へエネルギーを蓄え回復に繋げます。

      「我々はシーズン始まりに暗い場所にいました。そして、いたる所で勝ち点を落としました。
      我々の現在重要な事は、休み、本当にエネルギーをむしばんだ試合の後に落ち着きを回復する事です。我々は現在ボローニャとの対戦に向かわなければならなく、この連勝続ける事を確実としなければなりません。それからバイエルンの事を考えます。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK