23.11.2016 00:27 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      アッレグリ監督、ベスト16進出を喜びます

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      「ここに来て勝つことは、簡単でありませんでした。セビージャはフィジカルなチームですし彼らは全てのスペースを消しました。私達はシーズン最初の目的を成し遂げました。」

      マッシミリアーノ・アッレグリは、セビージャに3-1で勝利しチャンピオンズ・リーグ、ノックアウト・ステージ進出でユベントスが「シーズン最初の目的」を達成し明確に喜びます。

      ビアンコネリは1点のビハインドから逆転するという決意を示しました。監督はチームが最終的に勝利に値したと感じます。

      「今夜私は幸せな男です。特に突破を確保し上手く戦ったからです。」と切り出しました。

      「我々は、後半より前半が良かったです。しかしセビージャは10分の唯一のチャンスで得点を挙げました。リスタート後セビージャはスペースを消しました。ここに来て勝つことは簡単ではありませんが、我々は勝利に値しました。」

      仕事を終え、監督は待ち受けている忙しい月を楽しみにしています。

      「我々は、グループ突破資格というシーズン最初の目標を成し遂げました。現在首位を確保する為にディナモに勝利しなければいけません。リーグ首位で今年を終えドーハで勝ちたいです。

      非常に忙しい月になります。簡単ではありません。自分自身を追い抜いてはいけませんし非常に穏やかなままでいなけれないけません。

      我々は今夜勝利が必要でしたし、手に入れました。今ここから始めなければいけません。」

      アッレグリ監督は、更に詳細に試合を分析し続けました。

      「我々は後半ペースを上げる必要がありました。しかし、同じときに差を埋める為に急がない必要もありました。最終的に弾いていたバックラインに対し、トップの上でワンマンでプレーしました。

      セビージャは、フィジカルで強かったです、(モイーズ・)キーンがエリア内でフィジカルに戦い勝ったあろ (レオ・)ボヌッチが得点を挙げました。

      私は、この5分でのボールの管理に満足していませんでした。考えなく簡単にポゼッションを譲りました。上手く頭を使うことを学ぶ必要があります。」

      最後に、アッレグリ監督は、16歳でチャンピオンズ・リーグに出場したキーンとミラレム・ピアニッチの貢献についてコメントしました。

      「(パウロ・)ディバラと(マルコ・)プヤカの復帰を待つ間、キーンが残されています。理解できる何よりも精神的な落ち込みから上に向く為に何ができるかを教えています。

      今日手際のいる試合で非常にフィジカルの戦いでした。ミラレムは多く走り、彼の貢献に満足です。ゴールを積み上げ今シーズンの貢献があります。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK