31.01.2016 16:12 - in: セリエA S

    アッレグリ、熱心に増強させる

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    キャンペーンを通して高くしておかれる集中レベルを要求する間、マッシミリアーノ・アッレグリ監督はキエーヴォに対しユーヴェの4-0の勝利での優勢のプレーを誉め、シーズンを通して高い集中を要求

    アウェイで4-0でキエーヴォに勝利し、勝ち点48点、12連続リーグ戦勝利というセリエAでのクラブ記録を出したチーム、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は日曜日午後を十二分に満足しています。

    しかし、トスカーナの戦術家は、ビアンコネリの素晴らしい進行での結果からシーズン終わりの5連続スクデットへこの形を維持する事の要求へ集点を移そうとしています。

    アッレグリ監督はコメントしました。「もし我々が20勝を挙げてリーグ戦を獲得出来なければ、特にこの記録には興味がありません。我々はこの期間で良く反撃し、我々ほど速くライバルに対して追いつくとは思っていませんでした、しかしまだ16試合残っていますし、前進し向上し続ける必要があります。

    フィジカル、またはメンタル面でも、個人でも総体的でもレベルを上げる余地があります。ポグバがゴール上へシュートを外し、クロスバーを叩いたシュートは適例です。
    その代わり、彼は良いシュートを撃つチャンスがあります。」

    選手達が全ての戦いで新年を6勝で始めた後、ヴェローナが連勝を止めにきた時、チームはここまで12月のアウェイ、カルピ戦での終盤の危機から学んだと監督は認めた。

    「我々が勝利を捨て、同点の危機を冒した時、私は明確にカルピ戦の終盤を思い出します。我々は今シーズンの最初の10試合でどうだったかを忘れてはいけません。
    我々の最初のトラブルを心に留め忘れないことは、対決での集中を強く鋭くしておくのに貢献します。」

    ベンテゴディ・スタジアムで注意を今日のプレーに向けて、アッレグリ監督は92分全体で殆どミスを見つけることができませんでした、その一方で、ゴールに結びつく形へ復帰が近い将来にあったという徴候を、アルバロ・モラタはヴィノーヴォでのチームのトレーニングで示していた事を認めた。

    「私は、技術的な所から、我々のプレーの強さに関し選手のパフォーマンスに非常に満足です。ブッフォンのファイン・セーブに繋がる重要な1つのミスが終盤にありましたが全体を見て、非常に気持ちの良い午後でした。

    モラタは過去の二週間、既ににトレーニング中に得点していましたし、常に試合でゴールを奪う可能性がありました。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK