06.02.2016 15:00 - in: セリエA S

    アッレグリ監督は、熱心に追跡を維持します

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、フロジノーネとの明日の対決をプレビュー「我々は下から向かっています、我々はリーグの首位との対決へ勝利しなければいけません。」

    奮闘しているフロジノーネ戦へ明日のセリエA遠征で勝ち点3を奪い、リーグ首位ナポリと熱い直接対決を行なえるよう、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、チームに訴えています。

    今シーズン9月の最初の対戦で、終盤に引き分けに持ち込まれた、2度の稲妻の様なシュートである、セットプレーからの駆け引きは、ロベルト・ステッローネ監督のチームとの対戦でビアンコネリに取って一番の課題です。

    ヴィノーヴォでアッレグリ監督はメディアに話しました。「明日の試合は、ナポリ戦と同じ様に勝ち点3の価値があります。
    我々は下から向かって、リーグ首位との対戦へのアプローチで勝利をしなければいけません。

    我々はホームでコーナーからの失点でフロジノーネ戦で勝ち点2点を取りこぼしました。彼らがあげた24ゴールのうちの8点がセットプレーからです。我々は、彼らの1つの強さによってアウトになりました。」

    アッレグリ監督には日曜日の対戦への防御戦略に関して若干の考えがあることを、長期欠場のマルティン・カセレスと風邪に襲われたパトリス・エヴラの欠場は意味します。

    そして、レオナルド・ボヌッチに一休みを与え、ビアンコネリ・サポーターはスタディオ・マトゥーザで新型のディフェンス・チームを観る事ができると監督はほのめかしました。

    「我々は残念なことに、起こってしまったマルティン・カセレスの離脱を祈らなければなりません。
    手術は上手くいき、我々の後ろに彼がいることを望みます。彼の損失は選手としても人としても大きい物です。

    出場停止から離れた選手について私は心配しません。私が持っている唯一の疑問はボヌッチです、彼に休みを与えるかどうかに関わらず大きな取引になります。
    私が彼がより良く3バックの中心だと思っていますが、ルガーニはレオの代わりになる事ができ、ワイドなセンターバックの1人として彼は良い。もしそうでなければ、我々は4バックでもプレーできます。」

    カセレスとエヴラの欠場は疑う余地なくアッレグリ監督に対し打撃となるが、よい知らせはユベントスのクワドォー・アサモア、サミ・ケディラ、ロベルト・ペレイラ、マリオ・レミナの4人の復帰です。彼ら全員が数日中にファースト・チームに復帰する事になっています。

    「ケディラがそうしなければならないように、アサモアは週の間でバックアップとしてチームに戻ります。
    ペレイラは上手くやっています。彼とレミナは、木曜日のトレーニングマッチで良い動きをしました。彼は先発はしませんが、確実にベンチからのオプションになります。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK